カリメンのスタッフ紹介をした後、
僕はなにをすればいいですか?
このページで。

もしよろしければ、何について書けばいいかご教授願います。



もういっちょ

とは何のことかと言うと。


もう一度
野球のプレーヤーになろう企画が
佐藤の中でスタートした。
ということでの

もういっちょ。

ついこの前、実況の担当の日、
野球解説者の岸川勝也さんが

タクミくん
まだ野球できる?

と声をかけてくれた。

岸川さんは最近、
社会人硬式野球クラブの
佐賀スピリッツというチームのコーチに就任。

土日に来られるときにどう?

という話だ。

ボール見える?
球取れる?
走れる?
投げられる?

軽い面談を受けた。

ボール多分取れます。
球、多分見えないです。
はし…ります。
投げるという動作は出来ます。

みたいな答え。

大学まで硬式野球をしていたとはいえ、
もうブランクもブランクだし。

と、岸川さんに言いながら。

その裏では
フツフツと佐藤巧の野球バカ魂の灯が
徐々に大きくなっていた。

就職試験でも、

半年前まで野球選手目指してました。

と平気で言ってたくらいのわたくち。

卒業してからも、やりたくてもやれなかった野球。
やりたくても
怪我でやれなかった時期もあった野球。
最後の一年は、
選手としてではなくてスタッフとして、プレーする身ではなかった、僕にとっての野球。

あと三年岸川さんが早くコーチになっていたら
僕は野球に没頭していた可能性もあったな。

と一人でにやけた。

とまぁ
なんか良い話風に書いているけど
そもそも大学では一軍の公式戦には出たことない。
神宮球場に通ったことがよくあるだけなのだ。
ピッチャーとショートやってました!
という触れ込みで、どちらも50点くらいで終わった四年間。


くぅ…。

しかしまぁ
会社も僕の野球大好き、野球やってた話を
面接でよく聞いてくれて、結果入社させてくれた。
それもあってか
入社して初めて僕が中継に出ると決まった時、
面接にも関わったある大先輩が


佐藤くん、行って大丈夫かなぁ
野球しかしたことないから(汗)


と本社で言っていたという、逸話まである。

それはそれで…


大正解じゃないか。



それくらい公認の感じ。

クラブチームってどんな感じだろう。
ワクワクする。
けど硬式ボールだから、
本当にケガするやつだから、
ひとまず一ヶ月ボディメイク期にしようと思っている。

昨日は

ダッシュしてみよう。


ということで、

百道浜の砂浜、約70メートルくらいを
スピードを入れて5本走った。

5本かーい
と聞こえてきそう。

しかし

夏を感じたね。


日焼けしにくるおっちゃん、
手を繋いで身を寄せ合って歩くカップル
BBQにいこうとワクワクしている集団。

佐藤は
その平和な光景を裂いていくように走った。

ゼエゼエ言いながら。

その後30メートル短ダッシュを5本。
案外、足が動いた気がしているのは気のせいか。
ここでも
走る男に対してカップルが道をあける
という事案が発生。


気持ち悪いですか?

でも、
嫌いじゃないんです。
そういう、一人で世界に入る感じ。

でも好きなことというのは
そういうことだなと、改めて思った。

野球をするための準備の準備が今。
26歳のオールドルーキーになれるように
やってみようと思う。

時間の使い方が
まるっきり変わるなぁ
だれかキャッチボールしましょ。

 #カリメン #野球










このところちょっとサボっていた。
スタッフ紹介ページ。

ラジオニュースを読んでいる、台湾大好きなお姉さまから

最近ないわね、楽しみにしてるのに。

というありがたい言葉を頂戴したので
さっそく。

といっても
言われてもう4日くらい経っている。


今日は
我らがカリメン プロデューサー えりさん(♂)

えりさんと接していて思うのは
こんなに優しくていいのだろうか、というくらいに柔らかい人だということ。

おまけに体も大分柔らかそうな感じで、
シャツのサイズが毎年大きくなる、と嘆いている。

しかし、
えりさんは元サッカープレイヤーで
高校では県選抜でバリバリ、全国レベルでやっていた。かなりモテたそうだ。
シュッとした、スマートイケメン。

モテモテモテモテくらいにモテたそうだ。

今は、お子さんもいるし、
好意の一極集中を防ぐためにも
世の中の秩序的にも
そんなわけにはいかないということで、
敢えて増量したと僕は思っている。

なんて周りが見えているんだ、えりさん。

元々テレビの方のディレクターのエースと期待されていた。(と僕は思っている)
突如ラジオに配属された。

思い出に浸る。
僕が入社して、初めて体験したロケは
えりさんの担当だった。
もう一人、ふなさんという方と一緒に3人で
スター巡礼という企画。
沖縄に行って、ご当地タレントに出稽古しにいく感じだった。

後にも先にもないくらいに
えりさんとふなさんを怒らせた。
3日間。

リポートして、と言われ渡されたマイク。
ふなさんはカメラを向け、えりさんはその横につく。

カメラを向けられて挙動不審になった僕は
国際通りを歩きながら、
無言で通りにある商店街の隅から隅を歩ききった。

放送で、早送りにしても結構な尺をいく道筋だったが、僕は歩ききった。
口を紡いで。


カメラ向けられて挙動不審のアナウンサー
ってなんですか?


そして、大きな問題はもう1つ。

実はロケ前、2人からは

なーんにも準備も下調べもしなくていいからね。

と言われていた。


そうなんだ、と思った僕は


マジで何もしなかった。
 
沖縄ひっさびさだなぁ
中学の九州大会以来だなぁ、くらいの感じで。

そしたら、すんごく怒られた。


インタビューする為にどこで話を聞く?と言われた時に


僕は、駅ですね!電車とか!

と答えた。


沖縄はモノレールだ。

そんなこんなで、2泊3日のスケジュールの中
同じ居酒屋で連夜のお説教。
あの温厚な性格の、えりさんに

次こんなやったらマジで連れて行かんよ

と言わせてしまった。
今思うと、どんだけの横着だったんだ。

そのロケの時に
えりさんが笑顔だったのは
ソーキそばを食べていたときくらいか。

僕とえりさんは3日で7回、ソーキそばを食べた。

今でもソーキそばを食べると思い出す。
あの初ロケ。

そしてその2年後くらいには
えりさんと八女の伝説のそばを探す企画に行って。

ここでも10割そばを3.4杯頂いた。

藤岡弘探検隊風にロケを行ったが、
当時の番組体制にそぐわなかったのか、
ニュアンスは全く違う放送になったのを覚えている。

とまぁ、書き出すと色々ある。
えりさんにはテレビでまず、お世話になっているのだ。
最近はラジオを共に作ることになった。

えりさんが来たからもう大丈夫!
みたいな空気が部に流れたときは
すごいな、と思った。
でっかい人だ、本当に。


意見をちょっとは持つようになった僕のことも考えながら、
反映させようと行動してくれる。

ラジオのスタッフ全体もやりやすそうだ。
最初は迷惑をかけたが、
良いコンビプレーが炸裂できるように僕も頑張る。

えりさんみたいな、おっきな男になる!

 #カリメン #RKB


っと休みが、
プロ野球の日程の合間に降ってくる。

休みが出来たらすぐに福岡から姿を消して、小旅行、近場の海外!
というタイプでは全くないので、社会人になってからというもの、正直休みの使い方がよく分かっていない。

インプットしないとアウトプット出来ないよ。
だから色んな場所でお金を使ったり、体験することが大事だよ。

と色んな先輩に教わってきた。

しかし、

休みは前から分かっているけど、 
予定を決めて一ヶ月前からそれに向けて、
テンションを保って当日を迎える。

ということが、そもそも苦手。

明日やりたいことは、明日にならないと分からないんじゃない?
一人で行動するしかない休みはいつもそう思っていて、何も予定を立てないクセがある。

もちろん、友人と予定が合えば
そんなノリの悪いキャラじゃないですよ。



昨日は
さすがに、なんかやらないとなぁ
という焦燥感にかられて、

そうだ温泉に行こう。

という判断に至った。

天気が良かったので、なんか自然を感じたい。
滝とかも見たいなぁということで、日田に向かった。

1時間ちょっとのドライブ。
降りるインターを間違えて滝が遠くなってしまったので、滝はこの時点で諦めた。
計画のなさ。降りる場所すら確認していない。

それでは、
ということで標識を見ながら走っていると
インターから近場の
琴平温泉という場所に辿り着いた。

_var_mobile_Media_DCIM_106APPLE_IMG_6367.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_106APPLE_IMG_6368.HEIC
おぉ。
求めていた感じ。
案外たどり着くものだ。

この木漏れ日チックな写真は
幸せみっけ、みたいなテンションで撮ってみたが
絶妙に、微妙だ。

川ぞいにある温泉で、
家族風呂と、そのほかは露天風呂。

男湯は4つの湯船。
3つしか入ってないけど。
まずは
_var_mobile_Media_DCIM_106APPLE_IMG_6371.HEIC
向こうにあるのは川。
_var_mobile_Media_DCIM_106APPLE_IMG_6372.HEIC
そしてここは2つ目。
韓国人の観光客が一人で来ていて

うっす。

みたいな会釈をした五分後。
その韓国人の方が

あっちが最高だったぜ!?
行ってみなよにーちゃん!

的なことを教えてくれた(気がする)ので
言われるがままに行くと、

_var_mobile_Media_DCIM_106APPLE_IMG_6373.HEIC
川に浸かってるテンションで温泉に入った。

あ、求めていた滝っぽいのもある。

ちょっと嬉しくなった。

そして
浸かりながら、
もののけ姫を思い出した。

白いカタカタした小人みたいなのが
出てきそうだなぁと。

ちょっと肌をしっとり覆うような泉質というのか
27を迎える男の肌がちょっと綺麗になった時間だった。

小さいながら、
日田焼きそば
焼肉
とかもお店があって
あと素泊まりも出来るみたいで、
あ、こういう行き当たりばったりいいな。

と思いながら
結局アクエリアスだけ飲んで福岡に戻った。

過ごし方ちょっと見つけた気がする。

普段過ごしていると
福岡はたくさんお店があって、なんでも揃っていたりするけど、
休みは全く違う環境がいいな。



根本田舎者やけん。



天気が良くないと感じられないというか
自然の良さというのを凄く感じた。
晴れの日で良かった。
また行こうかなぁ。




梅雨入り。

ですか。

昨日行った川沿いの温泉も
雨量が増えてくると、多分管理も大変だ。
色々大変になる可能性がある。

自然を感じる温泉なので、
虫や葉がいますが、どうかご了承下さい。
そしてごゆっくりお楽しみください。

記憶曖昧で文言は完全ではないが、
脱衣所や風呂の至る所に立て札みたいに書かれていた。

普通に入れたら
虫や葉なんて全然平気だし有難いや、

という思いの裏側には
やはり一昨年の経験もあるか。

ちょうどいい降り方を期待してます。
お天道様。

↑このページのトップへ