柴田さん。

よろしいでしょうか。
今から僕は元カリメンプロデューサー
柴田さんのことを書きます。

俺のことも書いてね(ハート)
という感じでRKBの玄関で会った時に言われたのもあるが、
勿論鼻から書くつもりだったのでご安心を。


格好良く言うと
僕にチャンスをくれた人。だと思う。
ヒヨコ佐藤に1人喋りをさせたのだから。
本当に初期のカリメンのP。

1人喋りと聞いた時は
正直



嫌だった。


でも今、井口くんは割とさらっとやっているので
彼のポテンシャルも侮れない。
僕より1年早い1人喋り、しかも以前のカリメンよりもその1人の要素が多い中で、
彼はよくやっている。

柴田さんは、番組開始時こう言った。

部活動の部室のようにしたい。
10代の兄貴的な存在になろう。
ありのままの佐藤巧をぶつけよう。
番組最後に締めの格言をいれよう。

と。

部室の雰囲気は
天神スタジオの最後の方では
10代でぎっしりになったスタジオを見た時に、
1つ本当に実現できたなと思っている。

兄貴は発展途上。

佐藤巧は最近ぶつけている。
たまに事故るくらい。
まだ足りないが。

そして、

格言はなくなった。
初代Pの意向は、3代目Pによって割と速やかに空気となった。
そして無くなることに特に異論もなかった。



すると



柴田さんもラジオ部からいなくなった。


今は別の部で働いている。
なんという展開だ。

時系列は細かいことを言うとズレがあるが、
そんな感じ。
柴田さんはもうラジオ部にいない。


僕は割とこれは寂しい。
柴田さんという人に個人的にとても助けられたから
(ごまをすりすり)

意見をはっきり伝えてくれる、白黒わかりやすく導いてくれることをしてくれたのは柴田さんだったと思う。
プロダクションやフリーの先輩以外では初めてだった。
だから存在としては大きい。
(すりすりすり)


今はアジア戦略室だったか。
という社外の人はあまり聞きなれないであろう部署にいる。

是非とも
アジアどうこうの展望より
RKBラジオの今後の戦略を立ててほしい。

カムバック柴田さん。

この前は
インスタグラムに写真を投稿していた。
美容室でふわふわのシャンプー泡を頭上に乗せて、ひょうきんな顔をしていた。

その泡が

う◯この形をしていた。
ソフトクリームなのか?わからないけど
僕には
"柴田さんの頭上のう◯こ"の写真に見えた。

そして投稿コメントは


これぞ本当のインスタ映え!?


どういうことだろうか。


さて、
柴田さんはライブをする。
以前中洲ゲイツ7に観に行った。
ボーカルだ。

ふつうに。
歌が上手い。
声が綺麗で高い、
楽器が弾けてとてもダンディ。
自作の歌詞は圧倒的に恋愛の熱々のロマンティックな文字が並ぶ。
MCはカト淳さんにコールド負け。

という具合だった。
なんだかイキイキとしていて
いい時間だった。
僕は割と次を楽しみにしている。

昨年末にラジオ忘年会があって
その時によくお話をしたが、

喋り手は職人だから、目一杯やれよ!

と言ってくれた。
僕はこれから目標を持ちながら、本当にその言葉を胸に留めている。


もう戻ってこないのだろうか。
そのまま気がついたら
バンコクとか行っているかもしれない。


よく着ているくまモンのTシャツ以外に
この夏は
クールなシャツを見つけてもらいたい。


またグラスを傾けにもいきましょう。
(2代目Pの言葉をお借りして)


#RKBラジオ





見せてるんですか?ゆーきさん
とはいえ最近そこまで見せてない気もするが、
僕が一緒にラジオさせてもらったときには既に鎖骨キャラがついていた。

彼女の名は、植村友紀。

僕にとっては姉のような存在と言えるかもしれない。
年齢もうちの兄と同じ。
カリメンの最初の頃
首痛くなりますよ?くらいに大きく大きく頷いて、
ライオンでもなだめるように僕の話を聞いてくれた。

仮アシスタント
という謎といえば謎の名目で番組にいてくれた。
出演ということだけでは語れないところまで、本当にアシストを沢山してくれた。

なにより
仮メンバー(高校生パーソナリティ)からの支持が熱い。密にフォローしてくれて番組出演が続いた。これは植村さん、そしてカトさんの功績に他ならない。

今は赤塚さんと以前のカリメンの時間に番組をやっているけど
ふんわりの赤塚さんをキュッとする感じが好きで
3週間に1回くらいは聴いている。

カリメンを通じて、というイメージが勿論自分にもあるが、初めて共演したのは一年目の12/31-1/1にかけての年越しラジオ。

サル年を迎えるということで
うっききー!
うきき!うきききーー!

みたいなジングルを収録した。 
当時、僕が一番僕からはみ出た番組。
というか瞬間だった。
まだ赤面をするタクミちゃんという時期に、番組を回したのが友紀さん。

余談だが、その番組を作ったディレクター(U氏)とは、年に一度の特番での恒例コーナー「妄想ドライブ」をどう盛り上げるか、毎年3月になると悩んでいる。
僕は何処へ向かう。

今は一緒にテレビでも仕事をしている
土居上野さんが漫才を見せてくれたり、鮮明に覚えている。

あたしが面倒を見るなんて、、
と友紀さんもちょいと緊張?というかそんな面持ちだった。

でも僕は当時の友紀さんは
"チャートバスターズRを田畑さんとやっている人で、ニュースセンター佐藤さんお願いしますの言い方がやたら感じの良い人"
というイメージで安心していた。

そこは田畑さんのアドバイスもあったそうだが、
僕もカリメンのときのニュース振りは意識している。

そのあと
フクラジの企画でコーポにお邪魔したり、
クリスマスの日にカトさん達と番組をしたり、
なんかこう定着していった。


そうして
今は赤塚さんと。

3週に1回くらい聴いている。

ウエストのCMで
うまそうにチーズダッカルビ食べていたり、
NTTのCMで
自然を見て感動したり
色々やっている。

最近暑くなってきたから
またでてくるか。
あれが。


そこに水を入れて飲むんやろ?おっちゃんたちが。
と鎖骨を指差しながら、カトさんが友紀さんをいじる構図。

マジで最初カトさんのことが嫌いだった友紀さん。
なんか面白いこと言ってよと初対面で言われたという。
そんな話をよくしていた、放送前。


何をやっとるんだ。

でも楽しかったですよね。



友紀さん。
ないすわなびぃず。

 #RKBラジオ 

じゅりさん。
インスタに出てくるお子ちゃまの動画にいつも
癒されるわたくし。

今週も始まった。
新たな一週間が。
天気が良いではないか。

じゅりさん話。


旦那さんもラジオのお仕事に従事していて
たまーーーーに飲みに行く機会がある。
何よりお子ちゃまと旦那さんが似過ぎていて、血の強さを感じる。

今自分の喋りがどうなのか分からないけど
もっとガタガタのフラフラの喋りをしていた時期に、じゅりさんはディレクターをしてくれていた。

ここでいきなりの反省。
その時期の僕は、 おしゃべりを
どうやったらいいのか分からなくて、
今ひとつ思い切りも良くできなくて、力が入らない感じだった。
それは本当に申し訳なかった。

リスナーの方も見ているページで書くなよ、
という感じかもしれないが
かとさんとゆーきさんに
おんぶに抱っこ、抱っこにおんぶからの肩車
ってくらいに持ち上げてもらっていた。


打ち合わせのときも心ここにあらず
みたいな時があって、じゅりさんのお話やスタッフのアドバイスに真っ向から向き合って行けていない自分もいた。

じゅりさんは文句ひとつ言わなかった。
にっこにこ笑顔で、
喋ると、うんうん目を合わせて頷いてくれて、
僕はその時の僕なりの100パーセントを出そうと瞬間瞬間に思い直すことができた。

トータルでは
やっぱり、今ひとつの時期だったのかなあと反省があるし、それはみんなが感じていたかもしれない。

そして何より近くで
タッグを組むようにしてくれるディレクター、
じゅりさんに関しては迷惑をかけたなぁと振り返ると思うわけだ。

お腹を大きく膨らませた状態でも
限界まで現場で指揮を取ってくれたじゅりさん。


僕の面白くない話で
破水でもしたら責任とれないなぁ。

お腹の子もこういう環境に慣れて将来は
ディレクターなりたいとかいうのかな。

上の二つ
わりと本気で思っていたから、
僕も結構変なやつだ。

一緒になって
土曜カリメンを安定期に持ち込もうと戦ってくれた。一番コーナーが目まぐるしく変わる時期だった。

思えば
僕が一年目のとき、ラジオ祭りで
王子の格好をして会場を闊歩するという奇策を実施した。

ドンキで購入したぺらぺらの王子の格好。
材質がやっすすぎてお股がかぶれた。

そして
その格好の僕と多くの関係者も写真を撮ってくれた。

わーーおうじーーたくみーーん
パシャ

という感じがとても多く、
正直みなさんの
顔と名前が一致していなかった時期。



一番ノリノリでインカメで撮ってくれたあの人は、誰だったんだ。



よくよく考えたら

じゅりさんだった。
失礼な話だ。


そのラジオ祭りの後、
ラジオ局の打ち上げで、櫻井アナウンサーの


新人の佐藤君は、形態模写が得意なんです。
なんかやってみてください


という割となパワープレーに導かれた僕は

櫻井アナウンサーの歩き方
田畑アナウンサーの歩き方(曲がり角編)
宮脇アナウンサーのお疲れ様の言い方を披露し、


この子、いいの?新人でこれやって。
という雰囲気を味わうことになる。

そして
その後、じゅりさんが社内屈指の田畑党であることも知り、


歩き方はそんなんじゃない。
もっとかっこいいもの。

と力強い眼差しで
お言葉をいただくことになる。


そんなじゅりさんは今
ママとして奮闘している。

僕の甥っ子と同じ名前の男の子を
たくましく育てている。

今後も成長が楽しみだし、
野球なら僕が教えますよ。じゅりさん。


#RKBラジオ #カリメン








↑このページのトップへ