この文章は誰にどこまで読んでいただいているのか分からないけど、
たまーに感想をもらえるから嬉しい。

文章に性格が出ている。
黒い。

とある女性から言われた。

考察を重ねた上で書く文章が黒い。

僕は凄い。
逆に。


カリメンスタッフの人物紹介を機にスタートしたもので、書く対象があるときにはスラスラすらっと書けるけど、対象がぼんやりとしていたり、ない時には本当に時間がかかるし、書けない。

書くことってこんなに大変なのか。

と思いながら、
なんだか負けた感じの気持ちにもなるし
ライターって凄いなぁと思う。
根気がいる。


あと15分で勤務の定時を迎える。
その時間を使ってここに文字を記している。




え、お前。
仕事は…


と思ったそこのあなた。
いや、先輩かもしれないのですが…



もう文も中盤まで来たので書き切りますね。


インスタとかの告知は苦手なので、これが僕にはやりやすい。
普段から写真撮ったりが必要なんだろうけど。

でも、これまでこれといって告知はまともにしてなかったか。

では

今度、14日(水) ぞっこん九州

和田アキ子さんが出ます。
武田修宏さんが出ます。

お好み焼きのお店を一緒に回りました。

さらっと書いたけど
えっ?ていうメンバーですよね。

渋野日向子さん目当てのギャラリー並みに
2人が動くと人が動いた博多駅前。

19:00からRKBでみてくださいな。

もう文体も
ですます調やらなんやら
ごっちゃでおかしくなってきた。

ちなみに
ラジオのカリメンでは昨日

"普通の言葉だけど、想像力が豊かすぎてエッチに聞こえる日本語ベスト3"

というテーマで、
はい、元気にやりました。

あと
明日の実況に向けて情報を得ようと
ホークス先発のミランダ投手のことをYahoo!で検索しようとしたら

ミランダカー
ミランダ 
ミランダ 母ちゃんスタイルレシピ
ミランダカー 脱げた写真 ビーチ

と候補に出てきた。

誰だー、こらぁ。

あと

ミランダ母ちゃんスタイルレシピってなんや

調べたら
わりと普通に女性向けのファッションサイトやったわ。

はい。

こんな感じでカリメンもやってますし
実況はまた違う感じでやりまーす。

定時です。

お疲れ様でした。

脇ちゃん見てるか。
脇ちゃん。

あ、こっちの話です。

こんばんは。
納涼アナウンサーの佐藤巧です。
今年で27歳です。

先日、調音の滝に行って
納涼アナウンサーとアダ名をもらったことを書いたが、
見事納涼アナウンサーとしての2本目の仕事を今日もらった。

これもビジネスの形。
ビジネス納涼。
ふっ。

日田のやな場と桜滝に行ってきた。

日田の環境っていいな。
なんかこう、暑くても綺麗な川とか滝とか緑が、すごく癒しになってくれる。

この中継に向かう途中、
基山パーキングで昼食を買っていたときに
ファミリーが沢山いる中、
あるお母様が


あ、
調音の滝のタクミくん。

と僕に気づかれないくらいの声で言ってくれていたらしい。
後にADさんから聞いた。


もう

崖の上のポニョ


並みの…


納涼。


と、笑いながらADさんと話した。
ちなみにそのADの名も”巧”

調音の滝も共にした、巧。

同い年。


納涼で中継に出られるとしたら
今月まで。

秋に向けては、、

何?

清涼?
紅葉?

まあ
新たなビジネスを画策するか。


ふっ。


今日は、、そもそも


何キャラとして書いているのか。


休日前を迎えてほっとした時には
ビールと柿の種かベビースターラーメンを自宅で食べ飲みする。

立教野球部でいうところの前夜。
(休日前日の門限のない夜のこと。普段は22:00)

前夜は大体、グラウンド整備でトンボをかけるスピードが早く、雑な仕上がりをブラシをかけて見栄えをよくして誤魔化す戦法だった部員達。
懐かしい。

練習終わりの寮の静けさが凄くて、すぐにオシャレ決め込んで外出していた。
一人で部屋にこもったりすると、たちまち寂しいやつのレッテルを貼られる生活だった。
早く野球を忘れて、グラウンドから離れることばかり考えていたからだろう。


今は、というか今日は
朝からランニングして、近くのグラウンドにグラブを持ってネットスローをするという時間を過ごした。

岸川さんのクラブチームに入って活躍出来たら嬉しいなぁとは思っているものの、
久々に投げた硬式ボールが全然思ったところにも行かないから


もうやめようかな。


と思った。

けどやる。やりたい。

あと、腰が痛い。
古傷が痛むぜ。


上杉あずささん
104キロ投げてるなんて、
凄いことだよ。本当に。

と上杉さんが練習しているというグラウンドで
ぼんやり考えた。


そのあと
本屋に行って、色々読んで、
昼寝して。
 

終わった。



消費のほぼない休みを過ごしている。
老後2000万もいける気がする。

余談だけど

入社したての頃に同期と

オフは何してるの?

という、"オフ"という言葉の使い方で議論になったことがある。

オフはオフだろ派
オフとかお前はアーティストかアスリートかよ
休日か休みと言えよ派

なんとなくわかると思うが、


僕は後者。

オフって限られた人が使う言葉な気がしていた。


正直。

どうでもいいです。今は。


オフという文字を見過ぎて
ゲシュタルト崩壊が起きてきた。

クライミングとかもちょっとやってみたいなぁ。

↑このページのトップへ