今回、充電期間の中で
改めて wyseを必要だと思えた僕は
同時に、新たな楽曲を欲するようになりました

そこから
全体としても、まだ明確な着地点も何も見えない状態ではありました
ひとまず、自分を制作モードに


ここからの時間を僕は
"MIRAI プロジェクト" と呼びました
_var_mobile_Media_DCIM_106APPLE_IMG_6043.JPG
今は、もうすでに
皆さんにも共有してもらえて、知ってもらえている

充電完了
各楽曲

そして
2020/02/15(Sat.) 恵比寿LIQUID ROOM での
大切な1本のステージ

それらも、その時には
皆さんは勿論のこと
僕自身も明確に見えるものではなかったので
正直、どんな曲が相応しいのかも全く見えず…


これは
メンバーにも伝えていたことではありますが
上手くいかなかったら…ゴメン、と


そうなれば、今皆さんがいる世界とは
大きく異なる世界になっていたと思います

勿論、そっちにはならないように
なりたくない方の未来にはならないように
全力を尽くす
それはこれまでも、これからも変わりはしませんが

正直、今までには無い難しさがありました



そんなこともあり
それ以外のこともあり

この期間とくに
チームのボスであるユタカさんは
僕の精神面を気にかけてくれて
ケアし続けてくれました

僕の家に、大阪に、島根に、石垣島に


僕の性格を一番知ってくれている1人

何を言うでもなく
遊びに来たかのように逢いに来てくれて
僕が1秒でも笑顔の時間を過ごせるようにと
心配りをしてくれました

ユタカさんが居なければ
僕は途中で途絶えていたと思います

それは、まだ今も変わらずですが


大きく、温かな愛情に心から感謝しています



結果、"MIRAI プロジェクト" で僕は
10通りの未来を作りました

「RAYS」は
その中の "MIRAI 05" にあたります

ちなみに
僕個人としては "MIRAI 01" の作る未来にも惹かれていたりもしましたが(笑)



今回の "MIRAI プロジェクト" 
成功させて、この未来に辿り着くために
沢山の方の協力を頂きましたが

その最初から最後まで制作に関わり
心を分けてくれた1人が 炭竃智弘くんです

ゴールも、正解も見えていない中
呼吸するように曲を書き
メールで届け続ける僕に

24時間、早朝も深夜も関係なく
寄り添ってくれました

また使用目的は勿論
使用されるのかも分からない中
10通りの未来に想いを注いでくれました

このハードなチャレンジを進められたのは
何よりその中で楽しむことが出来たのは
炭竃くんの存在があってこそ



こうやって僕らは
ひとつひとつ、丁寧に、大切に進め続けて
皆さんの知る未来
"2019/12/24(Tue.)" に辿り着きました

wyse 21st Anniversary LIVE 「RAYS」

2020/02/15(Sat.)
恵比寿 LIQUID ROOM