ずっと

幼い頃から、ずっと

愛されたい、と
そう思い、望み続けていたのかもしれない

kbRGLyCqD7.jpg


だからなのか
いつの頃からか僕は自然と
愛するということを、はじめた



愛することで、愛される
愛してもらえる

愛してくれるから、愛する



でも、それは
少し違っているのかもしれない


愛を知るその気持ちに
見返りを求めてはいけない

愛を持ち、取るその行動が
愛されることに繋がるわけではない


そして、何より
愛してくれるから、愛するのではない

ZBEmnLabgU.jpg


想い合えれば、愛し合えれば
それは奇跡


それにとても近いことが、きっと
分かり合える、なのかもしれないね

そして
分かり合うその為に、想い合う


その時、きっと
そこには自然と
愛が存在するんだと思います


愛がある
愛がない
とは、そういうことなのかも
しれませんね