MY WAY 2019
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4446.JPG

終わってしまいましたね

会いに来てくれた皆さん
本当にありがとうございました



毎年、一度だけのBAND SYTLE ということもあり
(そう決めているわけではないですが)
やはり、その一度にかかる想いは
とても大きいものがあります

去年から今日までの僕

期待した通りの僕になれているだろうか?
目標としていた場所、方向へは向えているのだろうか?

色々なことを形として残せなければ
このMY WAY も、やる意味がありません

そういう意味では
今年も、これまでと同じではありますが
これ以上も、これ以下もない
そんな現在の自分で
ステージに立つことが出来たと
そう思っています



そして、これもいつもそうではあるのですが
年に1度だけだからこそ、よりそうなるのか

このMY WAY という時間が本当に幸せでね
幸せすぎて、いつも夢のように終わってしまう感覚があり
だからこそ、今を、その瞬間をしっかりと噛みしめながら、と思うのですが
やはり、今回も夢のように過ぎてしまい
夢のような感覚として残っています (笑)

_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4445.JPG

今回のMY WAY で 
気付けたこと、思ったこと
それらは、またここから未来へ向かうその為のテーマにしたいと思います


今の自分を、という意味では
感じてもらいやすい部分として、新曲を発表しました

「Summer Rain」
「You & Me」

テイストの全く異なる曲ですが
現在の、またこの2019年の僕を表す意味では
とても重要な02曲


遠い日のひとつ ひとりさ As simple as that / 「Summer Rain」


歩いていこう
何があっても ひとりにはしないよ
You & Me / 「You & Me」


NrKHQKMjs4.jpg

ここから
みんなにとって、また僕にとっても
何かしらの力となるような
そんな曲として生きてくれればと思います





忙しい中
Ju-kenさんと RYO(KING)が見に来てくれました!
ありがとうございました!!
3r2NbdElz3.jpg


いつもお世話になってます

というより、無理ばかり聞いてくれる
高田馬場CLUB PHASE  新井さん

今後とも宜しくお願いしますね!
cfLJlg8XHt.jpg









あの日の夢が  消えないまま
君のこと  苦しめてはいないかい?
君にとっては  突然すぎたね
その悲しみ  すべて  預けてほしい

愛という  頼りない言葉
でも  君だけは守ると  誓える

そよ風のいく  穏やかなこの道
不揃いな切り絵が  手を取り合って
覗き込むように  頷き合うように
君の歩幅に合わせて

歩いていこう
何があっても  ひとりにはしないよ
You & Me

空を辿れば  淡い温もり
君のこと  淋しくさせてはいないかい?

笑顔の奥に見える涙
その我慢も  すべて  背負わせてほしい

愛という  頼りない言葉
でも  胸をたたく鼓動  それが愛なら誓おう

そよ風のいく  穏やかなこの道
不揃いな切り絵が  手を取り合って
覗き込むように  頷き合うように
どんな時も君の目で

歩いていこう
何があっても  ひとりにはしないよ
You & Me

何があっても  そばにいるよ

ひとりにはしないよ

You & Me


TAKUMA

Documentary DVD 2019
「Period -the another side-」



2019年05月から07月末のFinalまで

wyse tour 2019「Period」に密着した
TAKUMAのドキュメントが
形として残ることになりました



これまでも、スタッフや友人が
思い出として映像を撮ってくれたりはしていたのですが

今回は始まる前から
僕個人にとっても、とても大きな時間を過ごすことになると、そう感じていたので

後々にどう使うことになるか、はたまた使うこともないのかは
その時点では分かりませんでしたが

ひとまず
記録を残しておいて欲しいと、お願いしました



10都市14公演、全てに同行してもらい
自分では当たり前のように過ぎていく
1つ1つの時間を
色々な角度から撮ってもらえたと思います



販売に関しては
まずは 09/15(日) MY WAY 2019
その日の会場販売から考えています

制作数に限りがあることもあり
また初回生産分のみでの販売を考えていることもあって
ひとまずは、会場での販売から優先する形を取らせていただきます


もし、良ければ
「Period」のまた別のストーリーを
覗いてみてください






↑このページのトップへ