と言って良いものかNothing's Carved In Stoneしか知らない皆は考えてしまうのかな?
僕はただただ嬉しい。1つのバンドが10年経っても沢山の人に望まれてライブ出来ることに自分のことのように喜びを感じてる。勿論、生形 真一の一ファンとして。

Nothing's Carved In Stoneは今年で10年目。本当に沢山の人達に支えられて続けてきたバンド。
長いようであっという間。
数えきれない程の出来事があった、のっぴきならない事件もうんと。
そして勿論しあわせな出来事も。
俺たちは同じようにその1つ1つを眠らずに考えた。乗り越えたりはしゃいだり。
その度にそれを目一杯音に宿した。
だから9枚もの俺たちのルールブックが作れたんだと思う。
大切なものはもうここにあるんだよ。
と思う。

やってきた自信…



あるよね!!



だからこそ
10年待っていた人達の気持ちがもっとわかるきがして。
今日本当に今さっき、ZOZOスタジアムでライブをみて本当にカッコいいバンドだなとかみしめたり笑ったり、そして思いっきり歌いながら見てきました。
バンドはやっぱり素晴らしい。
そう心から思わせてくれるバンド。 
すごいなぁって

面白い魅力的な人に憧れてバンドを始めた自分
その頃の自分と今の自分を重ね合わせてこれからのNothing's Carved In Stoneの事を考えてるよ。エモ集めて皆とライブで会いたいわ。


とにかく!真一お疲れ様でした☺︎
おかえりなさい!