妊娠中の味覚の変化はどう変わるのか調べるきっかけになったのは、新米ママみずちんのメッセージから✉️

_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0337.JPG


新米パパは白いお米が好きなので嫌いにならないでほしいです🍚笑

いままで好きだったものが嫌いになったり、同じものを食べたくなったりと味覚や嗜好の変化に戸惑いを感じている方も多いはずですね💦


『耳鼻咽喉科専門医の調査』
妊婦さん97名に妊娠中の嗜好や味覚の変化についてアンケート。
さらにそのうちの32名の協力を得て、妊娠前期・中期・後期と継続して味覚の変化について検査を実施。妊婦さんの味覚の変化を経時的に調査した報告は少ないそう。その結果は。

92.8%が妊娠前期に「嗜好の変化があった」

妊娠中に「何らかの嗜好の変化があった」と答えた妊婦さんは97名中90名(全体の92.8%)

JdM9OF_Odt.jpg

変化があったと回答した妊婦さん90名に、具体的に好むようになった味を調査。
酸味 59名(65.6%)
塩味 41名(45.6%)
甘味 5名(5.6%)
また濃い味を好む 31名(34.4%)

という答えだったそう(※重複回答あり)。
また、嗜好の変化があった時期は90名中88名(97.8%)が妊娠前期と答えたそうです。

味覚が変化した時期は 妊娠初期(妊娠15週まで)に多く、つわりの時期とも重なっていたそうです。妊娠前期になぜつわりや嗜好、味覚の変化が起きるのか、その原因はまだはっきりとは分かっていないそうです💦でも、検査の結果をみると妊娠前期には多くの妊婦さんが経験することで、妊娠中期から後期にかけて治まることが多いと分かります。

ただでさえ食べることが難しくて、吐き気など色んな症状が出てしまう中で味覚が変わってしまうのは大変💦無理せずに、でも食事はしっかりと取ることが必要ですね。新米ママの身体は赤ちゃんを育てられるようになっていく準備の一つでこれも試練だと思わずに、今まで苦手だった食べ物をあえて食べてみるのもいいかもしれません❗️笑