ぶりです


今日はツアーの合間を縫って福島へ


移動中、リハーサルの音源を聴きながら眺める鉄塔はとてもいいものですよ

ピアノっていいですよねえ

最近よく悪夢を見ます、とはいえ起きたら忘れてるので心配いらないのですが目が覚めて安堵することがしばしばです

でも悪夢ってだいたい良い予兆って言いますけどそれは都合がよすぎますよね〜

この3ヶ月で日本列島を横断しましたが、「東京」をかいてからこうして東京を離れることが多くなると、日本のことまだ全然知らなかったんだと痛感します

色んなネオンがあります

色んな人々がいます

色んな人生があります

そんな当たり前のことだけど直接触れることってなかなか無いのですよね

全国ツアーができてとても感謝しています

そして見守ってくれていてありがとうございます

東京の街に帰ってきました
相変わらず訳のわからないこと言ってます

_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3233.JPG

どこか遠く遠く、ここではない、行くことのできないところまでいってしまうのだと思っていた。

宇宙よりも遙か彼方。目にも見えない。

けれど違った。

すぐ手の先、光の隙間、土の上、風のなか、なんならばお隣に。

それよりもずっと色鮮やかに。

鳥のさえずりのように。

_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0345.HEIC

はしゃいで怒られれば、また構って欲しくて走りだして。叱って欲しくて。

ぼうやは嬉しそう。


トントントン。


春が来たら。

年末から張り詰めていたものがひと段落して、今日までこの寒さは闘いが大なりを占めていましたが、ようやっと冬っていいものだったということを思い出した夕暮れ時。


_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0173.HEIC


5年以上ぶりに再会した友人が良い意味で何も変わっていなかったり、それを嬉しく思うのはまた不思議なもので。

寒くなると空気が澄むといいますが、先日渋谷で星がたくさん見えた時には驚きました。


余計なものを削ぎ落としたなんて言い回しもよく聞きますが、今年のテーマはそんな感じです。


わかりあうことや、平和的解決が正しいゴールと思いがちですが、わかりあえなくてもいいのではないでしょうか。悲観的な意味ではなく。(もちろん人の命に関わることにはこれは通りません)


けれどフリーフリーを求めてもいちいち裏面を確認しないといけないのは矛盾していますね。

_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0133.HEIC


今日は猫に警戒されました。
肉まんを買った先でたこ焼き屋さんを見つけて少し後悔しました。


日曜日のこどもたちはみなトイレに行きたがっていました。


かじかむ手。5時のチャイム。灯るライト。





↑このページのトップへ