後悔


字の通り、後で悔しくなるようにしないってこと。


基本、僕はそれだけはしたくない。


勝つとか、負けるとかよりも、あの時やっとけば良かった。


そういう思いにならないように、日々を大事にしているつもり。


自分の能力が足りないのは分かっているし、優れているとも思わない。


でも、今のベストを尽くしていくことは出来る。それは足りないかもしれないし十分ではないかもしれないし、それでも自分のベストはやれるはず。


もし、それで負けても悔いはない。


あの時、やっとけば....


そんな生き方だけはしたくない。


僕はね、そう思って生きている。


試合も、そんな日々を試すためにあるって事を忘れてはいけない....


勝ち負けではなく、歓喜でもなく、自分の心がそれをどう感じるか?


確かに一つの悔しさは、足りなさの先にあるけど...
今のベストで負けるのであればそれは力の差を認めることでまた一歩成長出来る。


一番の後悔は、やっぱりやっとけば良かったに繋がるんじゃないかな?


もし、悔しい悔しいとSNSで書いたところで、日常がそうで無かったら...そりゃそうでしょ?

ってなる。


日々の時間の中にその答えはある。


他責には簡単に出来る。でも、日常を自ら変えていくこと自責に向き合ってこそだと思う。


ただ、後悔は本当したくない。


人は何れ死ぬし、試合だって負けることも当たり前にある。


そんな時に、自分の心に後悔だけは残さないようにしていきたい。