おはようございます!

最近、足りないとか満ちてない事に生きてく中で出会う事少なく無いですか?


ご飯だって、余るぐらいあるし…
服だって、着ないやつ沢山ある。

昔は、俺…SoftBankだから電波悪いんよ…
って事も今はほぼ感じないし

iPhoneのバッテリーの減りに、イラつく事も無い。

生きてく中で、不便とか足りないとか満ち足りて無いとか、とても少なくなって来てませんか?

街の近くに24時間営業のコンビニもあるし、深夜であっても、腹減れば何か買いに行けるし…

SNSで沢山の人に繋がるし

分からないことは、Googleが教えてくれるし

LINEがあれば、連絡だって取れる。

不便な事は、特に無い。


だから、最近思うのは…
自ら、不便な環境に適応したり、問題を見つけ解決したり、足りなさから生み出す創造的な発想や、知恵の広がりが足りなくて…



不便さや、足りない事に適応出来る力



を、子供の頃から持たせないといけないなぁ思う。

箸を忘れたらどうする?
お金を落としたらどうする?
スパイク忘れたらどうする?

生きてれば色んなことが起こる
確かに便利な世の中だけど、上手く行かないこと、足りない事、間違える事、色々起こる。

そんな時に、親が動くのではなく、本人の課題としてどう適応するか?


便利過ぎる世の中だからこそ、便利さや満ち足りた環境の中で文句ばっかり言ってたら、適応する力を身に付けるタイミングを失います。


今、必要なのは
意外と、自給自足出来る力かもしれないし
物を沢山持つよりも、持っているもので工夫して創り出す創造性かもしれないし

スマホ一つ持つことが目的ではなく、スマホで何を生み出すか?


そんなことを学ぶ為に、
足りない、不便な環境、時間に身を置く事って大事なんじゃ無いかな?

生きる為に必要な学びがある環境。

少し足りてなく、少し不便な環境

それを、自ら工夫しなきゃいけない環境や空間


足りなさから、プラスしていく人

誰かの足りなさを知恵で解決出来る人


今からの時代に、必要な力になるんじゃないかな?
と、思ってます。






満ち足りて動けなくなってないですか??