こんばんは、ようやく少し落ち着きました。


明日の準備して、お風呂入って寝ます。


今日、長崎に行く時にパールラインを通るのですが、僕の前の車が急にスピード落としたり、少し蛇行しだしてきた?


ん?携帯か?


どうした?


と、前を観てみると、ナビをずっと観てるみたい。


途中、もう少しで出口ってぐらいの所で、急に車を端に止めた....


追い抜き際に覗いてみたら、やっぱりナビを観ている。







もう少しで出口なのに、出口を間違えたのだろうか?


とは言え、出口を出ないとUターンも出来ないわけで....





と、ふと思いました。




人は、出口を間違えたり、出口がわからなくなった時に、急に不安になるんだろうね。

道中で、確かに急になにか間違えたり、トラブルが起きたりした時に、パニックになるのも同じだね。

若い俳優さんも、事故を事件にしてしまったとニュースで耳にしましたが、同じようなことなんだろうね....





生きていても、出口が見えないと不安になります。

だからこそ、人としての在り方がそういう時に出るんじゃないかなと思っています。





今日はきれいな月の灯に癒やされました。

でも、暗闇の灯りなんて、自分で気付かないと、見上げないと、見つけられないかもしれません。







不安な時、心配な時、出口が見えない時、そんな時こそ月の灯の優しい灯りに感謝する心を持てるような人になってほしいなぁと思います。