パスなんて、もらう人のタイミングでなんて絶対来ない!
 

ボール持ってるやつのタイミングで来る。


しかも、パスの質なんて全然良くない。


だから、どんな状況でも受ける準備と、質の悪いパスを処理する技術が必要になる。



前に、そんな話をシュウとして、興味深く感じました!



良い悪いでは無いのですが…



日本には、この上手くいかない事に合わせる技術というか、それ対応出来る選択力と言うか、非常に持ち合わせて無いと感じました。



電車は遅れないし、バスもそんなに遅れてこない。


コンビニで弁当買えば、箸はついてくるし、


時間通りに、信号は変わる。



これ、もし全て上手くいかない事が起きた時の対応力を持ち合わせていないのだ…



パスの質が悪ければ、パスしたお前が悪い

悪いと言われたくないから、パスの質を上げようとするトレーニングを沢山やる!

でもさ、上手くいかない事なんて沢山あるんだけど、対応する力よりも、ミスしたお前が悪いになる!




質が悪い

タイミングが悪い




でも、そんな状況でも対応する力!

これが、僕は必要なんでは無いか?





と、最近つくづく思う。





試合でも、多少ズレたボールは…




あっ、って立ち止まり、お前のボールが悪いみたいな表情で立ち止まる…

ほんの少し、足を伸ばせば、

ほんの少し、スタンスを広く保てれば、

ほんの少し、そのミスに対応する力があれば、

それはミスには結果的にならないのかも知れない…




そこに対応する力が備えられたら…




僕は少し変わって行くのでは無いかと思ってます。




日々の生活も同じです。




上手くいかない事に対応する力




決して、大人がカバーするのではなく、自ら対応する力を持たせる事が必要なのかもしれません。




箸が無い!



弁当持って、座り込んでも大人が探して持って来る。


本人は座ったまんま…


お前が動けよ…


箸を入れてない事は確かに良くない事です。


でも、それを非難しても、弁当は食べれない。


誰かが悪いんだけど、そう言う事だって沢山ある。


その状況を自ら打開、対応する力!


それを小さい時から身に付けさせて行きたいなと思ってます。


良いパスが来ても、多少タイミングや質が悪いパスが来ても、対応出来る力を持たせる事!


技術の質を上げる事も大事だけど、こう言う対応力はもっと大事なような気がします。


上手くいかないかもしれない。


箸が入って無いかもしれない。


助けてくれる大人は誰もいない。


そう言う状況こそ、自らの判断や選択、対応力が求められる。


シュウがブラジルTOPのフットサル環境の中で、感じた事!


何だか、大事な事だなぁ


と、思いました。


パスは正確に!


僕もよく口にしてましたが、


どんなパスでも、受け止める準備を!


これも大事な事です。


日々、当たり前に何かに守られてる毎日!


どんな事にも自ら対応出来る力を持たせて行きたいなと思ってます。


_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9585.JPG

言葉、言語と言うスキルを持ち合わせてなくても、コミュニケーションをとる事は出来ます!

対応力!

自ら最適な決断とアクションを起こせる力!


大事にして行きたいなと思ってます!