番組の中で、打ち歩詰めについて説明がありませんでしたので
ここでちょっと触れておきます。


先手・神木隆之介さんと、後手・ザブングル加藤さんの対局の最初の盤面がこちら↙︎

_var_mobile_Media_DCIM_114APPLE_IMG_4296.JPG

この盤面をみたときに

真ん中に銀を打って

d7N8T455v0.jpg

王手なので、王様が前に逃げるけれど

a0Ao1IiO4Q.jpg

王様の前に歩を打てば

DLIksFGC11.jpg

詰みじゃん‼️‼️

と思われた方もいると思うのですが

将棋には「打ち歩詰め」という反則があるのです(^^;

打ち歩詰めというのは、相手の王様に、自分の持ち駒から歩を打って王手をかけて詰ましてはいけないということです。

持ち駒から歩を打って王手をかけたときに、相手の王様が逃げる場所があればよいのですが

逃げる場所がなく、相手の王様が「詰み」という状態になってしまうと、

逆に自分が反則負けになってしまうという、ややこしいルールなのです💦

※すでに将棋盤の上にある歩が1マス進んで王手をかけて、相手の王様が詰みとなるのはOK


今回の歩での王手は、打ち歩詰めとなってしまうので、打つことができません。

_var_mobile_Media_DCIM_114APPLE_IMG_4295.JPG

番組では、打ち歩詰めや二歩、千日手などの将棋のルールの説明はありませんでしたが

もし興味を持たれたら、将棋のルールや将棋の言葉について調べてみてください(*^_^*)

観てくださってほんとうにありがとうございます😊