月別アーカイブ / 2020年01月

本日最終日。NHKテレビの取材も入り、受賞された先生方をはじめ、本会の代表であり、師匠でもある、小原道城(こはらどうじょう)先生が紹介されました。是非、動画をご覧ください。⬇️
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4519.HEIC
私事になりますが、今回の書道展には、10月の作品整理にはじまり、審査のお手伝い、展示、今日の片付け(写真🔼)までの裏方の仕事に関わらせていただきました。書道展を一役員として、今日この日を多くの仲間たちと迎えられて、喜びもひとしおです。
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4516.HEIC写真🔼は第4展示室の様子。この中に、私の作品が潜んでいます。
Pw0s3eT484.jpg
というわけで、作品作り(写真:調和体🔼)については、まだまだ勉強不足のところが多々ありますが、不思議とまた頑張ろうと思っています。ひとりよがりにならずに、明るく、楽しく続けることが、上達のコツかもしれません。
さて、来年の書道展はどんなものにチャレンジしようかな〜♫漢字も、かなも、調和体も、全部、面白いんだよなぁ…。

今年も日成堂(中央区南22西9)の新春セールに行って来ました。かれこれ20余年のお付き合い。
今回は、4月の厚別東書道教室の開塾に向けて、ご新規さん向けのレンタル用の筆や半紙などを多めに仕入れました。
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4503.HEIC
「鳳城」という筆(写真右端)は、初めて書塾で買った思い出の筆で、楷書を中心に割とオールマイティに使えます。たぶん、4月からの手本書きにも活躍してくれると思います。
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4512.HEIC
というわけで、厚別東書道教室でも、書道用品の斡旋販売を致します。筆は、自分の力量に合わせて、ちょっといいものを使った方がいいようです。手入れの仕方も、もちろん教えます。是非、お気に入りの筆と長〜いお付き合いをしていきましょう。

_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4492.HEIC
1月15日から19日まで、札幌市民ギャラリー(中央区東2条6丁目)で第51回国際現代書道展が開催されます。本日は、その作品陳列のお手伝いで、ヘルメットをかぶり、命綱を腰にまいて、昇降機に乗って(写真)、国際部の作品を展示しました。
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4495.JPG
sj9tuNkVJ2.jpg
一応、竹田蓬堂の作品は、1階第3室(写真)の多字数と、2階第4室の調和体の2つです。もしよかったら、ご高覧ください。まだまだ書き込みが足りない。何を伝えたいのかよくわからない。まだまだ…だらけの会員初出品になりました。
というわけで、4月から始まる厚別東書道教室では、小・中・高校生だけでなく大人も、また半紙サイズだけでなく半切、全紙、2尺×8尺(写真)サイズまでやります。
仲間たちといっしょに、書道の腕を上達させませんか。自分が書いた作品をいろいろな方に見てもらうと、自分が気づかなかったことに巡り合えることが多いようです。

↑このページのトップへ