I0Sy7VVh7g.jpg
会館の事務局からFAXが届きました。貸室利用の自粛要請期間が31日までに延長されることになり、5月中の会館を使った稽古ができなくなりました。
日々のコロナ情報から判断すると、別に驚くような内容ではないですが、冷静に考えてもショックは甚大です。という訳で、5月の厚別東書道教室は、【通信書道】一筋で参ります!!!
生徒さん達には、5月分の課題の提出方法について連絡をして、作品の仕上げに入ってもらいます。結局、4月中旬以降は100%お家で書道となりました。生徒のみなさんが、お家でも熱心に取り組んでくれて、ご家族のみなさま方のご協力もいただき、4.5月のこの難局をなんとか乗り越えられそうなところに来ています。生徒さん自身、またご家族のみなさまに、心から感謝致します。
さて、5月分の競書の仕上げに際して、それぞれのご家庭に、練習課題と運筆動画をこのLINEを使って配信しました(⬇️写真・動画)。基本的に【練習】は練習です。【清書】に自分の力を出し切ることを考えて、練習に取り組んでほしい訳です。そのために、多少窮屈ですが、今回は半紙1枚に同じ文字を4回位書くことを、練習課題としました。
mUwMlqMZkU.jpg
考え方は様々ありますが、自分が目指している筆字がどんな文字なのかが、その特徴がなんとなく分かると思います。自分が書いた筆字自体を比べて、さらなる進化の方向を探るとでもいいましょうか。まずは文字を書くことを純粋に楽しんでほしいのです。
そして、いよいよ【清書】です。練習は自信につながっていきます。是非、納得のいく作品を完成させてください。集中力が切れそうだったら、筆を一旦置いて、お菓子でも食べるといいかもしれません。今月もみなさんの力作を待っています。
6月には、また元気な顔を見せてくださいね。コロナに負けずに、みなさまの益々ご健筆をお祈りしております。

ORjt98iOoM.jpg
百年に一度の全世界的な大禍「コロナ」。
札幌市内の小中学校の休業が5月10日まで延期になりました。残念ながら、8日(金)に予定していた厚別東書道教室も、合わせて休業します。
なんとかしたい気持ちを込めて【書】に表現しようと、厚別東書道教室では、新春の書きぞめ大会に続いて、第1回メッセージ書道コンクールを開催しようと思います。
テーマは、ずばり「コロナに負けるな!」です。
募集要項は以下の通りです。入選作品には、ほんの気持ちばかりですが、粗品を送らせていただこうと考えております。奮ってご参加ください。

【出品要項】
[出品資格]特にありません。老若男女、国籍等は問いません。
[出品規格]画像データで、このLINEか、Facebook(messenger)に添付して送ってください。ご家庭にある書道用具と紙で参加できます。
[作品内容]
▶︎テーマにそった言葉や文章を、毛筆書道で書いてください(写真⬇️イメージ例)。▶︎用紙のサイズや様式は一切、問いません。書体や紙、墨等いろいろと工夫してください。▶︎毛筆体で、日本語を基本としますが、釈文があれば、日本語以外でも受け付けます。
5EwbtJnBH_.jpg
[出品点数]お一人一点までとします。作品には、必ず名前(姓、または名)を明記してください。
[出品料]かかりません。
[しめきり]令和2年5月18日までです。
[その他]入選作品は、このLINEブログ、または厚別東書道教室のホームページにて、掲載させていただきます。詳しくは竹田蓬堂(080-3232-3632)まで、お問い合わせください。


中学2.3年の5月の課題は、「天然」の行書。生徒さんの習熟状況に合わせて、課題のポイントを変えて手本動画を作成しました。
本当は、生徒さんの手をとって、息を合わせていっしょに運筆したいところですか、昨今のコロナ事情ではそれもままならないので、手本動画を作成して、LINEでお伝えしています。
上の動画は点画の連続を、下の動画は一画一画の成り立ちを、メインにした指導内容になっています。
一つの作品を、いろいろな観点から照らし、多面的に学習することで、全体の完成度をじわじわと高めていきます。
LETS書道!
コロナに負けずに、通信書道も楽しみましょう。
【追伸】新型コロナの関係で、第72回毎日書道展の開催が1年延期になりました。29日の作品選別会も合わせて延期です。うーむ。どうしよう。

↑このページのトップへ