第1回メッセージ書道コンクールに、ご賛同いただいた作品を構成して、メッセージ動画を作成しました。2020年のこの全世界的な大禍が、1日も早く、終息することを切に願います。
コロナ対策で最前線に立ち、昼夜を問わず不屈の精神で立ち向かっておられる、医療機関をはじめとした関係各位の皆様のご尽力に、心から感謝致します。
また、このようなメッセージ性が強めの作品作りや企画に挑戦してみようと思います。
TO THE WORLD,FROM HOKKAIDO!
北海道から、世界へ発信!

「書の研究」誌6月号が届きました。厚別東書道教室の生徒さんたちの競書の成績が、しっかりと掲載されていました。
ほっとしました。そして、すごく嬉しかったです。
毎月発行される「書の研究」には、いわゆる書友(書道の仲間)の頑張りっぷりを見ることができます。
先月までは、当たり前のように、自分や書友の成績を確認して、満足していました。ですが、今月からは、厚別東書道教室の生徒さんの成績も、学生版にのるわけで、そのドキドキ感が半端ないわけです。
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5120.HEIC
というわけで、この時のために、以前から準備していた「段級記録証」を生徒さん一人一人に届けました。(写真)
自分の段級(書道の腕前)を記録する一枚の紙ですが、これが自分の一生の宝物になると思っています。これから、昇級、昇段のたびに、シールを貼って、お祝いしていくのですが、自分自身の頑張りの積み重ねが目に見えるので、なにか嬉しさを飛び越えて、幸せを感じることにつながればいいなと思います。
さあ、今月も、LETS書道!
コロナに負けるな、日本の書道!!

ステイホームの辛抱生活も1か月以上が過ぎて、スマホも、タブレットも、ゲーム機も、そろそろあき始めてきました。ここは気分を変えて、筆を握って書道なんていかがでしょうか?
筆と墨と紙さえあれば、なんとか書道はできます。部屋の片隅に道具を出して置いて、気が向いたら毛筆で1枚なんて、案外楽しいですよ。
厚別東書道教室の【通信書道】は、動画と肉筆の手本で、基本的な筆使いやかな文字を効果的に学習することができます。動画には、何回も再生して見ることができる良さがあります。また、このLINEを使って双方向のやりとりができるので、分からない部分を私と対話しながら、重点的に練習することも可能です(写真⬇️※「ハム」は「公式」の「公」のことです)。
fh0drjMJ7E.jpg
LETS書道!「コロナに負けるな!」の、第一回メッセージ書道コンクールの作品も、引き続き絶賛大募集中です。入選作品には粗品を進呈致します。詳しくはブログ(5月2日号)をご覧ください。

↑このページのトップへ