心は傷あとだらけ

みんなそう

大小あれど

誰もが

心は何度も傷ついてきた。

それでも生きてきた。

傷は生きてきた証。

みんなかさぶただらけ。
完全には治らない傷もあれば
完全に癒えた傷もある。

そして僕らは

それでも生きる
それでも進む。

また傷つきながらも。

癒しの力を借りながら。

傷だらけ双雲