教育においてやはり難しいのが 「待てない」

問題。

自発性が産まれるまで待てないし
自発的にしたとしても、やり方が自分とは違うと、それはダメだと止めてしまう。

信じて見守る

みたいな言葉は聞こえはいいが、実際にやってみはとその難しさがわかってくる。

僕も約20年書道教室をやってきて

生徒さんの自立、自由、個性

など綺麗事のような言葉の実践の難しさはわかってきた。

しかしそれでも、改善しながら

見守ったり、盛り上げたり、ほっといたり、あれこれ工夫してきたら

生徒さんの自立度のはんぱない上がり方、

自由力、自発的なエネルギー、個性の活かし方

など先生である僕自身が、驚き感動する現実が次々と現れた。

子育てもそう

すでに子供たちは僕の想像を超える。

双雲@不安エネルギーや競争エネルギーではなく、ワクワクエネルギーへの転換