勉強して自信をつける。

たくさん仕事を抱えることで自信になる。

収入をあげて自信になる。

そんな自信も、アリ。

だと思うけども 、しかし

がしかし

それは、あくまでも

外部の世間的な評価軸での自信。

だから、

脆い。

自分より上の人間を目の前にした時に、崩れる。

自分より知識がある、成績や収入が上の人間といるだけで、

自信はなくなる。

そして、

くっそー!って悔しくて、奮い立たせてさらに

頑張る。

登る。

これは比較による競争。

くるしい。くやしい。
がんばる。さらにがんばる。

そんな生き方もいいかもしれない。

がしかし

がしかし

もうひとつ、

まったく違う自信を

もっておかんと

感情がいつまでたっても、安定しない。

満たされることがない。

不安を消すために動かなきゃいけなくなる。

だからこそ 【 自分の存在そのものを信じる 】

という、内なる自信を持つこと。

社会的レッテルとか

そんなんどうでもよい世界での自信。

だって、たとえば、

お金持ちや、地位の高い政治家、有名人などと、

近所の気持ちいい挨拶を

そこらじゅうに
ふりまいてるおばちゃん

比べても意味ないっしょ

どっちが、上とか

どうでもよいっしょ

双雲@「いつか」の自信より「いま」の自信