星乃珈琲で自分の書を眺めながら、作品創作なう。カフェで作品を創りながら、スマホで双雲塾のみんなと深くて笑えるやりとりできるなんて夢の時代。