タイガーウッズが、
激しい競争中でも
ライバルのショット時に


「入れ!」と応援する話は有名です。


なぜ、そんなことをするのでしょうか。


潜在意識の深い世界では、主語がないと言われています。


つまり


他人を応援するのと
自分を応援するのは
同じこと。


逆に、


ライバルに向かって
「入るな!」と願うことは

結局、自分にも入らないイメージを強めていることに。


だから


どんどん他人を応援しましょう。


応援するほどに
力は湧いてきます。


他人をけなすほどに
自己肯定感を下げます。


応援は、
すごい力。




双雲@心配するくらいなら、その時間を応援に使うべし。