この言葉の深さを

改めて探求してみる。



双雲@「こめる」という、言葉の使い方を考案し、広まったプロセスに想像をふくらませ、独りでに感動。