月別アーカイブ / 2015年11月


教室で書道を教えていると

あらためて、

【一筆一筆の丁寧さ】

について思う。



現代人はやるべきことが色々あって、どうしても次々と【こなす】ことになる。意識は瞬間になく、先のことに向く。



ひとつひとつの作業をどれだけ丁寧にやれているか



【丁寧】とは、ゆっくりやるという意味ではない



瞬間瞬間に、豊かな心をもって、感じ取れているかということである。



安寧の心である。




今日は子供たちに、【 ひとつの線 】

をいかに丁寧に、しあわせな心をもって書けるかと伝えた

最初は、こなす習慣が身に付いてるので、心も体も、今にいない。

急ぐ、焦る、、など雑念が入る

しかし、くどいようだが、何度も、【ひとつの線】への丁寧さを伝えていると

だんだんと意識が【今】に在るようになってきた。

それがしっかりとこちらにも伝わってきて

結局、とてとすばらしい線が書けた。




双雲@ひとつひとつ。


昨日の朝、妻と未来の話ししてて

ふとレストランの外に出たらこれ。






泣いてしまった。



勝手に僕らへの
ポジティブメッセージと受けとる(笑)


そして、山梨の旅。講演会。山梨を堪能しまくり。













双雲@フルーツ天国。温泉天国。


↑このページのトップへ