まわりからの



【心配】という名の


監視やお節介に対して、

どう、受け止め、受け流していくか。



まわりの心配エネルギーを止めたり嫌がったりしても止むものではないから。



自分がどうするか。

に集中すること。


相手の心配には、

ほんとうの愛や優しさも入ってるからこそ、重く感じるときがあるんだけど、


それを背負わず、

自分がやるべきことに集中。





双雲@他人からの心配も、心配りで流したり返したり(*^^*)