月別アーカイブ / 2014年10月



双雲の悩み相談コーナー


「厳しい習い事市場でどうやって勝ち抜いていくか。不安です。せいとさんをどうやっな獲得していくのか、教えて頂ければ幸いです」




いわゆる
比較競争ビジネスメソッドたいね。

前職がそうだったのかもしれんね。




そういう思考でいると、

ライバルばかり目につく

生徒さんからいかに利益を上げるかを考えてしまう

まだ来ぬ生徒さん獲得に夢中のあまり、現在いる生徒さんへ愛がうすくなる。



せっかく、書道教室という心の豊かさを取り戻すようなお仕事についたんだけん


どうせビジネスするんなら


「ご縁感謝ビジネス」


にスイッチングした方がお勧めとよ。


比較しない。
ライバルはいない。

70億人の中から、その先生の個性にあった人が感謝波動によって磁石のように引き寄せられていく。

そんな思考ばいた。



ある意味で

比較競争ビジネスメソッドの逆。


自然に、川の流れのように感謝で繋がっていくご縁。


競争ビジネスメソッドだと、つねに問題が起きて、それを解決するためのシステムが必要で、やたらと忙しくなる傾向にある


感謝ご縁ビジネスは、問題がそもそも起きないから、シンプル。お互いに恩返しがしたいという関係



この感動を体感してほしいとよ。


もし難しかったら、両方、バランスよく取り入れるとよかね



双雲@僕のお弟子さんたちで教室を開いた人は、随時、この感覚を味わっているところばい(*^^*)



水は純粋にするほど、電気を通さなくなり、不味くなると言われています


ミネラルやイオン、バクテリアなどの不純物が、電気を遠し、味を美味しくするそうです。


これは、人間も同じで

適度の

不純な心が

人間味をよくするのかなと。



自分の中にある、


不純な心を受け入れることから。




双雲@受け入れると、コントロール可能となる。



熊本県の五木村の小中学生や保護者のみなさん向けに講演会&ワークショップをやってきました





阿蘇の南の山の中にあるような
いわゆるすごい田舎の村なんです、

が!

なんと全国僻地(へきち)大会で優勝候補になるくらい、

教育が進んだ町なんです。

狩りたての鹿やイノシシを食べ、
オーガニックな新鮮野菜を食べ

大自然の恵みを受けながら
世界トップクラスのIT環境が整い、

道徳教育だけでなく
自主的に子供たちが授業を組み立てるシステムも。

校長先生いはく「田舎だからできること」

だそうです。

6人に一人に対して先生がいる環境。
外部からいろんな専門講師が来る環境。

田舎だけど、Amazonや楽天から新しい早ければ次の日に届くという。

だから子供たちと触れての感想は、のびのびとしながら、ちゃんと道徳が行き渡っているた。

深い感動!


僕はいろんな国の学校でワークショップをやってきました

お世辞抜きで

世界トップクラスの教育クオリティがまさか、熊本県の五木村にあるとは!


目から鱗





双雲@ん?ということは、都会に住むメリットがは???

これから田舎が最先端の場所になっていくんだろうな







↑このページのトップへ