月別アーカイブ / 2014年02月




娘を幼稚園に送ってから、教室がはじまるまでの間、贅沢散歩





公園浴を浴びてーの









花さんたちにと挨拶を交わし







朝靄の中のしらす干しに感動をもらい






海の波紋に、心の波動を整えてもらう。





双雲@心のリセット終了









やる気を出して、前進するのを、


アクセル


ってこととします。


逆に、


やらされてる感とか
いやいや感を


ブレーキ


とします。



僕らは、アクセルを踏むことは、色んな人に言われ続けてきたので、

がんばって踏むことはできます。


なにくそエネルギーとか
がんばるぞエネルギー
達成感エネルギー
欲望エネルギー


アクセルがんがん踏もうと思えば踏めます。


しかし、

最初は、前進するんですが、

途中で、落ちる。


黒い煙を出しながら、、


なぜなら、


アクセルと同時に


ブレーキも踏んでるから。


ほんとは「やりたくない」けど、

お金のためとか、嫌われたくないから、とか、

色んな理由をくっつけて、

アクセルを踏む。

でもブレーキも踏んでるから


つらい。

達成しても

虚しさや焦りが消えない。


満たされない。


だから


アクセルを踏むことより、

ブレーキをはずすことに、

着目すること。



まず、自分は、どんなブレーキを踏んでるのかを知ることから。


やらされてる感でやってること。
がんばらないとできないこと。


つまり


できるかぎりブレーキを踏まないで済む環境にシフトしていくことが大切です。


ブレーキがかからない環境にいる人は、アクセルを踏まなくても


まるで、ヨットのように、サーファーのように

波風に任せて進んでいけます。


ふわぁって。






双雲@義務感を一つ一つ減らしていこう。

僕らは、いつのまにか、数えきれないくらいの義務感を抱えながら生きている。









【書いて夢をかなえる本】









きょうのお昼からの
双雲池袋講演会。明日館にて。

に来られる方、お逢いできるのを楽しみにしています(*^^*)



さて





出たばかりの【書いて夢をかなえる本】

さっそく反響が。




鈴木おさむさんや杉山愛さんからも、心強いメッセージ(*^^*)


中身をチラ見せします。

いやん(/\)





このように僕からのシンプルな質問に答えていってもらいながら、





他の人の答えも見ながら、

ほんとうの自分を探っていく


そうすると、こうなるんです





だから夢叶うんですね。


夢の描き方が変わるから。



他人の成功や幸せにふりまわされていた自分も、こうやって「書く」ことで、

夢のクオリティが上がり、たくさんの夢を叶えてきました。

つまり「今」が変わるから未来が変わったんですね(^o^)/





双雲@そう、まずは「気づき」から
















↑このページのトップへ