月別アーカイブ / 2014年02月


僕が会社辞めて
ストリートに出て書道をやっていた時に、

たくさん学ぶことがありました

その一つに

「ありのまま」

があります。



ストリート時代の最初は

「すごみを見せなきゃ」

と鎧を来たり、

大きく見せたり、

自信がないから小手先でやったりしでした


だから

空回り。


それからだんだん


「自分の弱さもダメな部分もさらけだし、

自分に何か貢献できることだけに集中する」


ことにしたら


なんだか


いろんなことが上手く流れはじめたのです。


感動してくれる人が増えたり、
人だかりができるようになってきました



あ、そうか!


「世界が変わったんじゃなくて、自分が変わったんだ。変われたんだ。」



と鳥肌が立つほど感動したのを覚えています。







双雲@ストリートで、自分のダメなところも含めて、好きになってくれる人がいることを知りました。それから僕の心は、鎧だけでなく服まで脱ぎ捨て裸になりました(笑)









会社を辞めた時の話になると


「勇気ありますね」


とか


「リスクを負いましたね」


という反応をよく頂きます。



しかし、何かを手放して、新しい道へ踏み出す時、


ぼくは、

バンジージャンプのように勇気を振り絞って、飛ぶわけではありません


僕みたいに小心者でA型の心配性なタイプには、そんなの無理(笑)


手放さないで、そこにいることの方が、

リスクがでかいと確信するからです。



心配性だからこそ、

ほんとうのリスクがみえる(笑)


お金のことだけじゃなくて、モチベーションとか健康的なこととかも含めて。

たとえば僕は、独立した時の気持ちは



自分のペースで仕事をして、家庭を優先したい。

好きなこと、やりたいこと、向いてること、貢献できることに専念したい。


ということが強くあったので、


会社に残る方が、リスクだったんです、


圧倒的に。



ですから、独立後、なんと心の軽いことか。


モチベーションが下がったことがありません。


おかげで理想のライフスタイル、いや、予想をはるかに越えたライフスタイルを体験できています(*^^*)







双雲@やりたいことや好きなことをやれないリスク。モチベーションが上がらないことを続けるリスク。





いまから
だいすきなラスク食べ、、

あ、マスクしてた(;´д`)


















↑このページのトップへ