月別アーカイブ / 2013年02月

双雲の悩み相談コーナー
【イライラや怒りをコントロールできない。】



◆ 何かアドバイスをいただきたく送らせていただきます。

私はずっといい人ぶって生きてきてものすごく疲れてい ます。

人のせいにしても何の解決にもならないのですが 小さい頃から父親に頭ごなしに怒鳴られる事が多々あり 外出先でも平気で気に食わないことがあると母にも怒鳴 る そんな中で育ち人の目を気にしすぎてしまう習慣がつい てしまいました。

尊敬する人両親なんて思えたことが恥ずかしながら一度 もありません。

どうしても人と仲良くなっても壁を作ってしまい自分の 事がうまく言えません。 怒りを感じても父のような表現をしてしまいそうででも そんな風になってはいけないと 押し殺してしまい辛い思いをずっとしてきました。

仕事をしても2年と続いた事がなく、やめて新たな場所 にいくことで 気持ちを紛らわせてきたんだとおもいます。 本当はこの癖が治らない限りどうにもならないことなの に。

結婚した今はそれが義理家族に向けてその気持ちがあり おそらく悪気があって言われたわけでもないのに

その場では黙るか笑って流すものの 家に帰ってくるとどんな意味でいったんだろうかと悶々 として イライラしてしまいます。

年に数回しか合わないのであまり気にすることはないの かもしれませんが・・・

ずっとほどよい距離をおいて接していきたい余計なこと は言われたくない!といった思いが 話す時に緊張してして気持ちが固くなりそれで余計に敏 感になっているんだとおもいます。 そしてそんなイライラをダンナさんに当たってしまいま す。


上手く自分の気持ちを発散できるようになりたいです。

お忙しい中長文失礼しました。 厚かましいとは思いますが何かアドバイスいただけたら ありがたいです。

ーーーーーーーーーー


あぁたは、
両親に対しての反面教師で

ずっと感情を抑えて
我慢してきた。

えらかよ。

怒りを我慢してきたということは、
他人にぶつけてこんかった。

ぐっとこらえてきた。

えらか。

でも、

つらかったね。

蓋をした怒りは、
行きどころを失って
自分に向かうけんね。

今はぶつけられるパートナーが
おるということ。
パートナーを大切にしたかね。


一つだけ試してみてほしかこつがある。

それは、

イライラしたとき、
怒りを覚えてた時、

あぁたは、我慢上手だけん
一旦我慢して、

あとで、紙に

イライラした。
怒りを覚えた。

みたいに、書く。

そして、

それをなでなでして、
クシャクシャにして

捨てる。


次に、

感謝してることを
いくつか書き出す。
(なんでもよか。)

それに手を合わせて
ありがとう。

と言ってまたクシャクシャにして捨てる。



双雲にダマされたと思って
やってみてちょ。



双雲@イライラしたり、怒りがあるのは、人間として当たり前。怒ってもよかとよ。ただ、そのあと、コントロールするテクニックをいくつか身につけるとよか。









武田双雲にダマされろ~人生が一瞬で楽しくなる77の方法/武田 双雲

¥1,260
Amazon.co.jp

上機嫌のすすめ (平凡社新書)/武田 双雲

¥735
Amazon.co.jp



建築家の谷尻誠さんと対談。
モダンリビング。

年も感性もすごく近くて、
共鳴しまくりちよこ。


これから、

ある企業のコンサルティングしに都内に向かってます、


新時代の
幸せメソッドをインストールしてきます。


夜は、ある有名ブランドの社員向け講演会。

ええい!
みんなドンドン幸せになりやがれ!



双雲@みんなの、好きな3つ眺めてるだけで、幸せ気分(*´ー`*)


人間関係で悩む人、
つまづく人。

おるね。


たくさんおるね。

たくさんじゃなかね。


みんな、そうたいね。


人の言動に傷つき
また
人の言葉に癒されて

僕らは生きとる。




そんな

けっこう難題な

人間関係を良好にする

とっておきなことが


何度も出てきたけども


「好きになる」

好きの力はすごか。

肯定するとか褒める

より上の波動たいね。


人の好きな部分を見つける能力が高い人ほど
人間関係がうまくいくようにできとる。



そのためには

やはり


「自分を好きになる力」が必須とよ。


でここでみんなに聞くばい。



「あなたの好きなところを、

3つだけ挙げやがれ!!!」




双雲@3つもないよ。って人は、
なんとかして絞り出しやがれ!!!


ヤガレ!


y a g a r e !


夜雅烈!





そういえば、
先日、友人の上地遊助さんが
うちに遊びにきた時、

お互いに「好き」と思うところを
10個も書いて、手紙渡す。
という顔から火がでそうなくらい恥ずかしいけれど、
顔から水がでそうなくらい嬉しい体験をしました。



















↑このページのトップへ