月別アーカイブ / 2012年08月


双雲の悩み相談コーナー

【 産後、夫が変わってくれない。キレてしまう自分が嫌だ 】


旦那さんは、たぶん
子育ての大変さがわからんとたいね


1人の命を育てるということは
本当に大変なこと。


トイレにさえ行くことが困難になる。
感情を揺さぶってくる。


でも旦那さんは、
それがわからん。

旧世代の考え方で
妻が子育て、夫は外。

みたいな固定概念があるかもしれん。


そりゃキレたくなるばいた。

たまにはキレてもよかよ。

ばってん、
やっぱりできれば

冷静に伝えられたらよかね。

目的は、

夫に「伝わる」ことだけん。

夫が大変さをわかってくれるだけで
あぁたはだいぶ楽になるけん。

辛かったんだね
ごめんね

って思って
夫が言ってくれるだけで
もうほとんどは解決されるとばってんね

だけん

一度、決意をもって
夫に時間を1時間でもとってもらって

真剣に相談しなっせ

その時のコツば教えるけん

よう聞いてはいよ。


男はね

感情を伝えてもようわからん生き物たい。

できれば

具体的に頼みごとをしたらよか。

例えば


3つお願いがあると。
3つさえ守ってくれれば
わたしはハッピーに子育てができると。


1)1週間に1時間は
こうやって、話を聞いてほしい

2)洗濯かごに洗濯物を全部入れたら100点

3)1週間に2時間は子供をみてほしい


というように具体的に
しかもご褒美なんかあるとよかね。

そしてできれば
甘えた声でかわいく言うのがいいたいね。

あと、紙に約束を書いてもらって
軽い罰則と、ご褒美も書いて貼る。


あくまでもこれは例だけん
独自のお願い事を3つくらいに絞って
伝えてみなっせ。


そして、必ずできたら
「すごいねー」って褒めてあげること。


効果的だけん

双雲にダマされたと思ってやってみなっせ。


感情的に伝えるより
100倍効果的ばい。

男の習性ば利用しなっせ。


結果報告 待っとるばい





■いつもブログを見て、そうだよなぁとかそっかぁとつぶやいています
いっぱい気づかさせていただいてありがとうございます

ふぅー何から書いたらいいのかまだ整理が出来ていませんが。
ほんの少しだけお耳をお貸しいただけないでしょうか?

私は37才、去年の9月に第一子男の子を産みました。
妊娠するまでは旦那とはラブラブで甲斐甲斐しくよくお世話をやいていました。

でも妊娠してからは、今日は行かないでという日にも飲みに行ったり、これまで通り自分第一を変えてくれず、一度大きなケンカをしました。

でも今から思えば可愛いもので、子供が産まれてからは初めての育児で余裕がなく、実家も遠く頼れず窒息しそうな日々が続きました。

彼は子供に戻ってしまったように、自分の事(洗濯物を夜の内に出して)はやって、使ったものは元に戻してと何度言っても言ってもダメでイライラしてしまいます。

それに彼は趣味の草野球を平日は週に3回仕事後に行き、日曜日も月2回は草野球の試合で家に居ず、子供が産まれてもこれまで通りの生活を送る彼にキレてしまいました。私はもういっぱいいっぱいで泣いたり怒鳴ったり、時には口汚く罵りました。

子供も5ヵ月くらいになると、ケンカしているのが分かるらしく大泣きしたりしました。
彼はこれからも野球を続けたいらしくチームも減らしてと言ってもダメでした。
私に少し余裕が出来た頃これではいけないと思い、これからは罵らないよう気をつけるとお互いに話したのに…

最近またダメなんです。今日なんて休みで一日中一緒で3回もキレてしまいました
今家を飛び出したところです

わかっているのです、人を変えることは出来ない自分が変わるしかないこと。
でもキレてしまうんです


産後一人で出かけたのはつい最近5時間だけです。

きっと自分ばかり自由で羨ましくてイライラするんだと思います。こんな事でこの先育児していけるのだろうが、旦那と同じように罵ったり手がでたらどうしよう。不安で不安でしょうがないです

もうイライラして過ごすのがいやなんです
エネルギーと時間が無駄に使われていやなんです。どうしたら許せるのでしょうか?
いつもニコニコかあちゃんでいたいのに
どうしてこんな風になっちゃったんだろう。

興奮状態で乱文で失礼しました
もしよろしければアドバイスいただけたら嬉しいです。




武田双雲にダマされろ~人生が一瞬で楽しくなる77の方法/主婦の友社

¥1,260
Amazon.co.jp


悩み相談
いじめ経験のせいで、絵を描くことが辛くなった。
夢に向かう勇気がない。


への僕の言葉に対し
ご本人からこんなメッセージが届きました(^_^)


よかったぁ



■先日、絵といじめのことでメッセージを送らせていただいた者です。
いきなりの相談に親身になって話を聞いていただきありがとうございました。

双雲先生にアドバイスを貰い、色々考えたり気付くことがありました。

昔から自信が無く逃げてばかりだった自分をずっと変えたいと思っていたのに


いつのまにかいじめや環境のせいにして自分と向き合わずまた逃げていた自分
であったり、プロにならなければ!と強迫観念のようなものに支配されていた
自分の心(考え方)であったり。

絵に関してはすこし距離と時間をおいてみようと思います。


今の自分には客観的にどうなのか見ることがうまく出来なくなってしまっているので。
色々な想いや観念で混乱して自分の中での絵との距離感のようなものがよく分からなく
なっていましたので一度プロになるかどうか、絵との付き合い方をどうするかのような
部分も別々に分けて整理してみようと思います。

今後、それでもプロを目指すのか、趣味として続けるのか…もしかしたらいつの間にか
義務になっていて今の自分には必要ないと思って手放したりどうなるかは今の自分には
分かりませんが問題を分けて整理することで今の停滞した状況から脱する糸口になりそう
な気がしています。


いきなり今の状況から脱却して今の悩みを克服できるとは思わないですが自分に向き合える、
自分で選んで進んでいける自分になれればと思っています。



先日の悩み相談

【 産後、不安でいっぱい。】

への僕の言葉に対し
ご本人からこんなメッセージが届きました(^_^)

よかった!


■相談への回答をいただけるなんて思っていなかったのでとても嬉しかったです。
家族に心配をかけたくなかったので相談出来ずにいて、でも1人で考えているとどんどん落ちていって…と悪循環でした。

そんなときダメ元でメッセージを送ったんです。

救われました。

自分では答えを見つけだせなかったから…。

毎日を丁寧に 子供の成長を見逃さないように 笑顔で子どもに接していこうと決めました。

目の前にいる子どもをちゃんと見て、自分自身も楽しんでいくことが私の出来ることです。

大好きな人との間に出来た子どもで、大切過ぎるあまり考え過ぎてしまいましたが、いまは気持ちがす~っと楽になりました。


本当にありがとうございました。


今日からまた笑顔で頑張れます。

これからもブログ楽しみにしています。

↑このページのトップへ