月別アーカイブ / 2011年02月

書道家・武田双雲 公式ブログ『書の力』-DVC00064.jpg

行きつけの珈琲専門店で、大好きな珈琲を深く味わいながら


読書、そして原稿を書き、戻ってきた原稿を読む。


まさにここは


インプットとアウトプットの循環を加速させる時空間


双雲@処女作「「書」を書く愉しみ(光文社新書)」もこの場所で執筆したなぁ。


ありがたいことに、「「書」を書く愉しみ」は何度も重版を重ねています。


「書」を書く愉しみ (光文社新書)/武田 双雲

¥735
Amazon.co.jp

反省をプラスに変えるるとはどういうことか。

具体的な例でお話しますね


先日、車の横をこすってしまいました。
左側が傷ついてます。(実話)


そういう時に、

紙に書きます、僕の場合。

今回は

「運転、油断するな。調子に乗るな。お前は下手くそだ。
適度な緊張と集中が必須だ。

そのために、もっと運転の楽しさを知り、味わいんだ」


と書きました。

しかし、これを書くだけではいけません。

これを本当に実践してはじめてプラスになります。

車に乗る度に、小さな声で「よし」と言うようにし、
紙に書いた文章を思い出します。

すると、だんだん

以前のような運転を楽しみ集中する力が戻りました。
マンネリ化から脱することができたのです

このように、

何か、失敗をしたり、
壁にぶつかったり、問題が起きた時

ただ落ち込んだり、
自分を責めるのではなく、


確実、「プラス」に変えていく
思考と行動。


そうすれば、


ピンチはすべてチャンスに。




ピンチは、一気に成長できる種。



双雲@チャンスの種をものにするかどうかはあなた次第。




カルボナーラばかり注文するな―双雲流自分への小言/武田 双雲

¥1,260
Amazon.co.jp

↑このページのトップへ