ロシアでの体験談。

あるモスクワの
大きな庭(東京ドーム10個分(笑))で
パフォーマンス書道のお仕事。

時間あいてる時に散策してたら、

庭の木々の下で、掃除する人たちが昼ごはんを食べてた。

しかも服は真っ黒で汚れてて
しかもみんな手で食べてる。

でもあまりにも楽しそう。

興味津々で近づいたら 「食うか?」みたいなしぐさしてくれたので、

ちょっと怖かったけど、好奇心が勝ってパクって食べたらすんげー美味しくて。

味だけでなく、人間の優しさみたいなのを感じた。

んで快く輪に入れてもらって

さらに好奇心高まって、
通訳の人を走って呼んできて
コミュニケーションした。 「すごく楽しそうですね。」 「そう、俺たち毎日を謳歌してるんだ」

って。

そのイベントが
いわゆる富豪が集まるイベントで

超高級食が出てたり
高い宝石が展示されてて 「彼ら富豪たちを見ててどう思うの?」 って聞いてみたら 「あの人らはあの人らで楽しくていいんじゃない、俺らも楽しいからそれでいいんじゃないかな」

みたいに返されて

日本の格差とはまったく違う何かを感じた。

物差しが違うのかなと。

双雲@社会主義国家では毎回、常識をふっとばされる。


字を上手く書くコツシリーズ
伝わるかな? 双雲


はい、またやっちまった
珈琲に筆をつけてしまう
書道家あるある。

墨汁とコーヒー同じ黒だもの。
人間だもの。


↑このページのトップへ