あー!

伝わり方が…笑

一部の方にうまく伝わらなかったかもなので書き直し的な…

説明的なやつします!笑

ほんと言葉足らずでごめんなさい!

えっと

嬉しい言葉たくさんでほんとにありがとうなんですが…

ネガティブなことではなくて!

ぼくには誰にも負けない才能があるかも!

ってゆー…

前向きな発見です!

むしろ自慢話かもしれません。笑

スラムダンクの三井に少しだけなぞってです。

自分もある程度人生かけてやらせてもらってきてて…

ここ一番が今から

これからだから

ここが勝負

諦めないでよかった

ってゆーやつですね!

言葉って難しい。

色々な分野で上には上がいるけど、

努力でなんとかなるって思うって話しです。

努力に努力を重ねれば行けるとこまで行ける!

って思ってるんです。

後ろ向きじゃなくて、へこんでるとかじゃなくて

むしろちょー強気発言です!笑

売れてきてないとかってのは自分の満足する結果をまだ出せてない!

ってことです。

やらせて頂いた仕事には誇りをもってます。

凄く素晴らしい作品ばかりです!!

励まされたい

とか

大丈夫!

って声をかけられたいめんどくさい男子

みたいにうつったら本意とは違うんです💦

客観的にみてて…

ココからやれる自分

をちゃんと捉えてるつもりなので

みんなに発表して有言実行していきたいなぁ

って思ってるのです!!

応援していただきたいなぁと

思ってるんです。

だから

これからもよろしくお願いします!😄

勘違いさせてしまい申し訳ないです。

よし!

今日も撮影がんばろ〜。

今日はこっそり現場のストーリーとかあげてみよっかな。

タケダでした。

_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1796.JPG

こんばんは。

遅くにごめんね〜。

今日は朝からみんなで撮影でした。

やはりステキなメンバーだなぁと思いました。

スタッフさん、キャスト含め、幸せな環境です。

っていつも言ってますね!笑

さてさて…

タイトルの意味ですが。。

ぼくの事です。

この世界に入って早18年目。

浮き沈みあり…

いー時悪い時経験しました。

しかし

どんな時も辞めるという選択肢が見当たらず…

もちろん!

やめなきゃならないのかもなぁ

と思ったことはありますが。

決断しようとするとこまで到底いきませんでした。

家族や仲間、現事務所のスタッフ、携わってくれた皆様のおかげで…

諦めない精神を持つことができました。

諦めの悪い男

聞こえは悪いかもしれませんが…

ぼくの長所はなんだろ?

とおもった時これがでてきました。

特別に容姿端麗なわけでもなく、スタイルが優れてるわけでもなく、天才的な芝居の技術があるわけでも、語学が堪能なわけでもない。

飛び抜けたものはないなって。

謙遜でもなんでもなく

世の中には上には上がいるのです。

芸能界には才能豊かな人間が沢山います。

しかし

諦めの悪さ

これは右に出る人は中々いないかもしれませんね。笑

18年間大して売れるわけもなく…

お金持ちになるわけもなく…

やってきたわけです。笑

色々なモノを失いながらも夢をおう事だけは手放せなかったわけですね。笑

周りの人たちに感謝して今日も眠りにつきます。

いつも気にかけてくれてありがとう。

自己満でした。

_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1926.JPG

おいー!

こら!

だれだそんなことを書いたのは!!?


先程1人心の声を張り上げたのも束の間…

公式かよ…

んで、誰か書いてんだ?

ん??

あぁ!?

小出!?

あいつめ…

おれが現場でいじり倒してるからってこんなところで仕返しとは…!!!!

大森さんでもなく!
谷中さんでもない!!

これは仕返し必須。

また現場で思う存分いじり倒してやる。。😏

(実際はプロデューサー陣と俳優陣は仲良しですし、かなりプロデューサー陣へのリスペクトをしています。)

と、まぁ冗談はさておき!

雨ですね〜。

しかし

雨の前に走りましたー。

気をぬくな自分!
サボるな自分!


自らの心に叱咤をし!

走り終えたら

良くサボらなかったな自分。


激励するのです。

自分を少し離れたところから見てみると優しくもなれるし、厳しくもなれます。

こーやっていくと…

自分なりの自分との付き合い方

なんてものも少しわかったりしますよ〜。

褒めたり厳しくしたり…

自分もただの1人の人間ですからね。

そーやってあげるといーと思うんです。

さ、

撮影がんばろー。

タケダでした。

_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1921.JPG

↑このページのトップへ