_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4562.JPG
はじめに…
cis(しす)さん
株取引で資産を230億円まで増やし、日本の個人投資家としてトッププレイヤーの一人。ツイッターのフォロワーは30万人。初の著書『一人の力で日経平均を動かせる男の投資哲学』が発売1カ月で12万部突破。
その方の著書で語られてる一部を紹介します
↓↓↓

1.億になればなるほど投資は怖くなる

・まずは専業トレーダーになるべき。

2.とにかく短期の値動きを追い、トレーダーをする

・強いセクターを探して、その中で一番強そうな銘柄を買う。

セクター→主に株式相場や株式市場を分析する際、便宜上区分するグループのことです。 セクターは業種や発行株数、株価といったグループだけでなく、技術や開発といったテーマごとに分ける場合もあります。

・ピラミッディング、増し玉でトレード
・勝率はさがるがリターンが大きい。
株は上がったら買うべし‼️

3.大事なのは勝率ではなく、トータルの損益

・メンタルは最重要。
・人々が恐怖に陥ってる時こそチャンス。

まとめ…
1.億を超えるトレードから怖くなる
2.短期の値動きを追い、トレーダーをする
3.勝率よりトータルの損益

このルールを守っても、投資家として億万長者になれません🙅‍♀️
ただ…近づくことはできると思います。
どんな天才投資家でも負けないことありません🙅‍♂️
ただ、一日一日勉強を怠らずにトータルの損益を上げていきましょう‼️

PR文

このようなお悩みありませんか? "株式投資で儲ける事が出来ない" "何に投資したらいいかわからない" "ニッチな成長株の情報がほしい" "タイムリーな情報がすぐほしい" 【新興市場ドットコム】は証券会社、運用会社で20年以上、 成長企業の調査をしてきたプロのアナリストが厳選、 高成長を続ける会社の株式投資情報を低価格で提供。 投資のアドバイスにより、あなたの株式投資の高い投資収益を目指し、 強力にサポートします! 会員様ご自身のお申込もOKですので、 ぜひ【新興市場ドットコム】をご紹介ください!

新興市場ドットコムは成長性の高い新興市場の企業情報を提供します
新興市場ドットコムは成長性の高い新興市場の企業情報を提供します
px.a8.net

最後に…

タケブログを見てくださってありがとうございます‼️
内容を見て、少しでもタメになったと思ってくれた方はいいね👍コメント📝ください

主にYoutubeでの内容を文字起こしに分かりやすく解説しています😀
下に動画リンクも貼っておきますので、是非ご覧ください。
↓↓↓ 


_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4560.JPG

はじめに…
デール・カーネギー著の「人を動かす」は、マネージャーやチームリーダーなど、人を動かす立場ならば、はじめに読んでおきたい1冊といっても過言ではない名著です。人の上に立つ者は、個人としての成績ではなくチームとして最高の結果を出すことを求められるもの。本書を読めば、チームを構成する1人1人のパフォーマンスを最大限に高め、全体としての成果を引き出すような「人を動かす」スキルが身に付きます。ここでは、本書を要約して紹介していきましょう。

1.批判も非難もしない、文句を言わない

・人は批判されると、自分を正当化するために自分を守る。
・人を批判しても誰も得しない。
・批判はダメではない、相手への伝え方が肝
・例えば、遅刻した人がいたら…
「今日Aくん遅刻したよね?全く悪びれてる感じがないんだけど、どう思う?」と質問するように話すと相手は納得しやすい。

2.素直で誠実な評価を与える

・人は重要じゃないと感じるとモチベーションが下がる。
・重要な仕事を相手にも任せてあげる
・どんな部下でも、まずは信用すること

3.人の立場に身を置く

・人は常に自分を中心に考えてしまう。
・例えば、幼稚園に行きたくないとごねる子供に対して…
幼稚園の頃を思い出して何が一番楽しかったのを考えて、塗り絵だったことを思い出し、あえて、妻と塗り絵を楽しそうに行い、子供が入ってこようとしたら、幼稚園で覚えたらいいよと断ったら、次の日から楽しみに幼稚園に行くようになった。
・相手が欲してるものを考える。
・頭ごなしに従わせようとはせず、相手が動きたいと思えるようにする。

人を従わせるのは非常に難しいです。
一人で仕事をしなければいけない場面もありますが、殆どの職種はチームプレーです
その中で、いかに部下や同僚が動きやすい環境にできるかを本で学びました。
皆さんもぜひ読んでみてください📕

キャンペーン中

3000円→5000円 2019/11/08〜2019/12/31

PR文

◆セールスポイント スピード感と手続きの簡単さ、そして手数料の安さです。 会社にいながらファクタリングの申し込みができ、審査も最短で24時間以内。 契約完了後は即日で買取金額が振り込まれる(時間によっては翌営業日になる場合もあり)。 手数料も業界最安水準の2〜9%です。 ◆ターゲットユーザー◆ 年商1億円未満の中小事業者や個人事業主



最後に…

タケブログを見てくださってありがとうございます‼️
内容を見て、少しでもタメになったと思ってくれた方はいいね👍コメント📝ください

主にYoutubeでの内容を文字起こしに分かりやすく解説しています😀
下に動画リンクも貼っておきますので、是非ご覧ください。
↓↓↓
YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。
youtu.be


_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4556.JPG
はじめに…
お笑い芸人など世の中には面白い人などが沢山います。
恋愛、社交、仕事含めて、できる人は全て間の使い方や圧倒的なトークスキルを持っています‼️
いくら口下手な人でもやり方さえ熟知すれば上手く行きます!
その具体的なやり方をこれから紹介します🤓
↓↓↓

1.常にチラ見せっぽく人に話すことによって興味を持たれる

・何でもかんでもオープンに話していたら、ドキドキ、緊張感も無くなり、飽きられてしまいます…

2.心を動かしたいなら、最初から結論を言ってはいけない

・ビジネスは最初から結論を言うべきですが…

〜チラ見せトークのpoint〜

1.問いかけでチラ見せすること

・ひたすら、自分のペースでチラ見せしてしまっても、かえって逆効果なので、相手にも考えたり、答えるスキマを与えるのが、より効果的になります‼️

2.焦らして引っ張る

・1と同様で相手が聞きたい!聞きたい!となってる時の方が過程を楽しめます🤩

3.結論にこだわり過ぎないこと

・結論ももちろん聞きたいですが、海に行く前のドライブと同じで、ほとんどの方は過程などを楽しみます
・結論ばかりを追い求めすぎると、相手の期待値が高くなり、かえって逆効果になりやすいです。

まとめ…
1.話をチラ見せっぽくして焦らす
2.結論を先に言わない
3.話のスキマに問いかけなども使う
4.結論にこだわりすぎない

◆ターゲットユーザー◆ (1)インスタグラムで集客及びブランディングを実施している、または考えるている業種。 【詳細一覧】 ・飲食店 ・エステサロン ・ネイルサロン ・美容院 ・飲食店 ・アパレルショップ (2)インスタグラマーを目指す方、 または既にインスタグラムのアカウントが世間に影響力を持つ方で更にブランディングを強化したい方。 【詳細一覧】 ・芸能人 ・モデル ・アイドル ・ミュージシャン ・スポーツ選手 ・写真家 ・経営者

>【初期費用無料キャンペーン中】インスタのフォロワーを自動で増やす!AI(人工知能)でインスタグラムの集客を最適化! | follome(フォロミー)
フォロワーを増やしたい!インスタで集客したい!インスタグラマーになりたい!そんな方に最適なインスタグラムのフォロワーを自動で増やすfollome(フォロミー)がオススメです。アカウントの凍結リスクなしでターゲットユーザへ、AI(人工知能)が自動で”いいね”や”フォロー”、”アンフォロー”を行うサービスです。
follome.motaras.co.jp

最後に…

タケブログを見てくださってありがとうございます‼️
内容を見て、少しでもタメになったと思ってくれた方はいいね👍コメント📝ください

主にYoutubeでの内容を文字起こしに分かりやすく解説しています😀
下に動画リンクも貼っておきますので、是非ご覧ください。
↓↓↓

別の内容ですが、違うサイトで記事を出してます😀
是非興味のある方や、同じサイトに登録してる方は見てください^^
↓↓↓
ワードプレス
タケブログ
気軽に見てください😀
takechan24.wordpress.com

LINEブログ
https://lineblog.me/takechan24/

楽天ブログ
タケブログ:楽天ブログ
主に本の紹介、レビュー、youtubeの動画のレビュー、教養、恋愛、教育、学習、ダイエット、自己啓発etc… 紹介してます! 是非見てください!
plaza.rakuten.co.jp

はてなブログ
タケブログ
主に本の紹介、レビュー、youtubeの動画のレビュー、教養、恋愛、教育、学習、ダイエット、自己啓発etc… 紹介してます! 是非見てください!
takechan24.hatenablog.com

livedoorblog
タケブログ
takechan24.livedoor.blog

↑このページのトップへ