娘が最後1ヶ月あたりの頃に、たまたまYahoo!ニュースで見て初めて知った
「母乳バンク」という存在。

Qltp4TQ2HK.jpg



↓確か、こちらのニュース

1500グラム未満で生まれた、極低出生体重児の小さな赤ちゃんに、母乳を"おすそわけ"できるというもの。


一部抜粋

mKc33XxBui.jpg



1M7MsoyydL.jpg



1500グラム未満で生まれた赤ちゃんを、
たくさん母乳が出ているお母さんの母乳のおすそわけで、え死性腸炎という怖い症状の発症率を下げることができるそう。
そのほかにも、まだいろんな臓器が未熟な小さな赤ちゃんの体に負担なくあげられることができる母乳。


わたしは第一子を23週の500g弱で死産していますが、、、もし、息のある状態で産むことができていたら、助かったのかもしれない。。。
"もし"なんてないのはわかってるけど、小さく産まれた赤ちゃんのニュースを目にするたび、どうしてもそういうことがよぎってしまうので
このニュースを見た時、素通りすることができずにいました。


ちょうど産後1ヶ月が過ぎ、母乳の出も良くなり
娘の飲む量以上に出ていたので冷凍したり、冷凍庫がいっぱいのときは勿体無いなと思いながらも捨てていたりしたんです。


それで、このニュースにあった母乳バンクに登録しようと思い
問い合わせて、ドナー登録をすることに。

※現在一時的にドナー登録をストップしているそうです。
(たぶんニュースになって、登録するママさんが増えたのかな?)


だけど実際、ドナー登録をするにあたってもなかなかのハードルで。
まず、指定の病院に母体の血液検査をしに行かなければならず
生後間もない赤ちゃんを連れてこのご時世に病院に行くのは大変だし、となると誰かに見てもらえる日にってなるので、日程の選択肢がとても少なくなったり。
しかも、産後6ヶ月までのママしか登録することができないのであっという間に日にちも経過してしまいそう。

そして血液検査をしに行ったりも、もちろんボランティアとしての実費なので、近くに環境が整っていないとなかなかフットワーク軽く参加できる感じではないなと思ったのが、個人的な感想です。


ただわたしの場合、先日書いたブログ
これをupして、自分の中でのひとつの目標をクリアしたことで肩の荷がおり、
そしたら逆に、もう少し頑張れそう。と思えるようになったんですよね。


そしてその、生後1ヶ月すぎの時にご連絡だけしていて行けずじまいだった(娘を預ける日程が調整できず&産後のホルモンバランスで一瞬母乳の出が悪くなったり)のを思い出して

今ならまた母乳の出がよくて、冷凍できない分は処分していたので
断乳する前に、少しでもどこか誰かの赤ちゃんへおすそわけできたら、、、と行動することに。

_var_mobile_Media_DCIM_374APPLE_IMG_4681.JPG

この日かな、夫に娘をお願いし、
指定の病院に血液検査に行き、諸々の説明を受け、その後検査結果に問題がなかったという連絡を受け、無事ドナー登録が完了しました。



5KO335xiGt.heic
そして第一回目、発送!
どこかの小さな赤ちゃん、頑張って飲むんだよ☺️
と、エールを込めて!!




↓記事から抜粋


7dnQbblUoC.jpg

tJDi8dVCtb.jpg

hahW0z6BuT.jpg




こういうことをブログに綴るのは、どうしてもいろんな意見があるので、どうしようかと思っていたのですが、
日本ではまだまだ設備も十分ではなく、ドナー登録をするハードルもかなり高めなので、
こういうことが知れ渡ることにより、寄付や支援が増え、設備が整い、ドナー登録をできる人が増えると
=助かる小さな命が増える
ということだと思うので、書くことにしました。

ブログに書ききれてないこともあると思うので、興味のある方はご自身でも調べてみてください。



あのベビー用品で有名な「ピジョン」も母乳バンクを開設したそうです。
以下抜粋
F0YXItWWeW.jpg
ZSMMgZkXk4.jpg
こうして、大手企業が開設すると、
どんどん優しさの輪が広がりそうですね。


現在ドナー登録も一時停止しているそうですが、また再開された時に、このブログを思い出してくれる方がいれば、少しでもわたしも貢献できるのかなと思った次第です。




ちなみに、ミルク育児を否定してるわけでは全くないので、誤解のないようにお願いします
トラブルなく産まれた赤ちゃんには、ミルクも立派な栄養で、なんら問題ないですし、
我が家も混合からの母乳育児になり、またミルクに戻る予定です。
(外出時にミルクもあげてます🍼)


これはあくまでも、極低出生体重児の、小さな赤ちゃんへのお話。



どんなことへでもそうですが、
まずは行動してみることを大切にしています。



小さな赤ちゃんの命、
そのお母さんの心の負担、
少しでも役に立てるように、、、と
また新たな目標ができたので

わたしは再び絞る日々が、あと少し続きそうです🐄
がんばるぞ。



わたしのおっぱい、いってらっしゃい🍼




参考記事





nao