朝方、雨だった。それからずっと降ったり止んだりな感じで、ごんたの家の方まで用があったので傘を片手に持って歩いて向かった。

途中にあるセブンイレブンに立ち寄って、120円に値下げされていたお茶だけ買ってお店から出ると雨が降ってきた。タイミングが悪いのか、むしろいいのかわからない。

そのまま真っ直ぐ行くと、ドラッグストアがあって広めの駐車場と、入口の前にはガーデニング用の鉢植えとかも売ってあるような大きな店舗。そのドラッグストアの入口前にお留守番で繋がれていた青い服を着たミニチュアダックスがずっと、店内に向かって寂しそうに鳴いてた。いずれ出てくる飼い主さんのことが待てないだけじゃなくて不安を感じてしまっていたのが愛おしくて、昨日ちょうど、わがままがなんたらなんて日記に書いたこともあったからか、目の前で鳴いている犬を見てもなんだか切なくなった。


用事を済ませて夕方になってからは曇り空に少しだけ晴れ間も見えてた。まっすぐ帰るのがなんとなくもったいない気がして、ドラッグストアの並びにあるスーパーでアイスクリームを買った。ドラッグストアにいたダックスはもういなかった。飼い主さんと一緒にいられてよかったよ。

夕方という時間も相まって小学生や主婦がスーパーには多くて、インスタント証明写真?の撮影機の前にあったベンチに座ってアイスを食べた。音楽も聴かないで、あったかくなってきたし風も吹いていて心地よかった。日も随分伸びた。

「冬だったらこの時間もう暗かったのに」っていう比較するものがあると冬が懐かしくなる。

コーンのアイスを買ったので開けるときに、年甲斐もなく開け方を失敗してしまって少しクリームが指についていたようで、それに気付いたのはちょっぴり遅かったから見つけたときにはクリームが乾き始めていた。

小さいときもっと盛大に手を汚したときにベタベタな手がものすごく嫌だった。一回でもグーに手をすると、また手を開くときのベタベタでなかなか開かない感覚が気持ち悪くて。

大人になってからもあの時の嫌な感じは継続されているから手についたアイスを見つけた時は少量でもげんなりした。

知らないうちについてたアイスみたいに、知らないうちに忘れたり、傷になってたり、そんなこともあるんだと思う。
アイスの汚れみたいに簡単に洗い流せるもんじゃないこともあったなぁ、と思った。

洗い流しちゃえば簡単なんだけど、洗い流すまでが大変で。

乾いたティッシュでもベタベタは落ちないし、ベロベロに自分で舐めたって変わらないし、水場のあるところまでいくまでが大変。

忘れてしまうまでが大変、忘れてしまえば早いもの。
でも、アイスをつけてしまったことはなんだか悪い気はしなかった。
あんまり急いで洗い流さなくてもいいやと思ってそのまま、乾かせたまま家路に。

家に着いてから手を洗ったらやっぱり簡単に手はすべすべになった。

昔、お客さんに「手にサイン書いてください」と言われたことがあるから手にサインを書いたことがある。その人にとっては思い出だから手を洗いたくない、っていう話はテレビとかでも見たことあるけど、そんなサインも当たり前だけどもう残ってないだろうし、けど、良い思い出は消す必要がないからだんだん、だんだん、薄れて消えていく。嫌な思い出は、消えてしまえば一瞬で、消えるまでが大変。


そしてどっちも思い出には変わりない。


そんな日。