4/12、4/13とリリースツアーの名古屋編、大阪編が続いた。

GOOD ON THE REELとシナリオアートとアンテナの固定での2日間。
終わってみた結果だけ言うと心の底から最高だった。

2013年の4月(だったと思う)ロックの夜明けという都内のイベントにアンテナが呼ばれて、そこにGOOD ON THE REELさんがいて、その時初めて対バンした。イベント自体もソールドアウトで、イベント後、当時出したばかりの「さよならの代わり」が売り切れるぐらい沢山の方の手に取ってもらえたのを覚えている。
打ち上げで、伊丸さんと話したのを今でも覚えている。連絡先を交換して、バンドシーン、というもの自体全く分かっていなかった俺は後日、Twitterなどで「ひょっとしてグッドってすごく人気なバンドなのかも…」と恐れ多くなった。

その数ヶ月後、シナリオアートとも東京で対バンした。当時、シナリオとアンテナはおんなじマネージャーでよくマネージャーからもシナリオの話を聞いていた。

シナリオは翌年ぐらいにメジャーデビューをして渋谷wwwだったかな、代官山UNITだったかな、ワンマンライブをソールドアウトさせていた頃、アンテナは所属していた事務所から離れた。

全然会わないのに、グッドの伊丸さんとはバンドの節目節目にふと連絡を取り合ったりしていて、去年の活動休止のタイミングで連絡していなかったバンドマンでは最初にシナリオのくみさんから連絡をもらった。

2013年にこの2つのバンドに出会ってから、アンテナは加速して前に進めていたわけじゃないことの方が多かったけど、6年振りにこの2バンドを、自分たちのツアーで共演できることがすごく嬉しかった。

名古屋では、リハーサル中、伊丸さんと千野さんが子供みたいにドラムの側まで来てどういう音作りになってるのか2人で興味津々だったし、リハ後すぐにグッドの岡崎さんが「めっちゃいいです(敬語)」と話しかけてくれて、シナリオのコウスケさんも「やばいなー」と話してくれた。深い 深い 青のシングル配信がスタートしたとき、やまぴーはTwitterで「良い」と呟いてくれていたり、俺にとっての届かない憧れになっていた人たちがそうやって自分たちの音楽やバンドを褒めてくれるのが嬉しかった。

シナリオアートはみんな、赤の靴下を履いていて
アンテナは青の靴下
グッドは名古屋のセトリの最後にシャワーをやって「赤と青をうまく回して〜」と歌っていた。
意図したものじゃないのは分かってるけど両バンドの間に挟まれたグッドがそれを歌うのが楽しくて、そもそも会場自体もあったかいし、ライブ自体もすごく楽しかった。名古屋はソールドできなかったけど、アンテナとしても、イベント全体としても今までで一番多くのお客さんに足を運んでもらえた。

大阪はツアーの中で一番最初に出たソールドアウト場所で、前日の名古屋のこともあって3バンドとも誰も欠けることなく「やっほー」みたいなノリで会場に入れるのも嬉しかった。

仙台、札幌、名古屋でツアーを回って感じたことを今までで一番活かせて、リラックス出来たライブだった。

初めて、パンゲアのソールドアウトのフロア風景を見た。

グッドの宇佐美さんがMCで「最初から3バンドで回ろうと言ってたぐらいの雰囲気なんだけどみんなもそう思う?」と聞いたらお客さんは誰も反応しなかった。のを見て俺は「はいこの人たちみんなともう仲良くなれるー」と嬉しくなった。そのMC前まではグッドのお客さんもみんなノリノリだったから、そんなMCに反応しないほど冷たいわけないから、「思ってるけど口には出せない熱い気持ちのシャイな人たち」だったし、それをカバーした千野さんと伊丸さんも「そう思います!!」と発言するんじゃなくて小声で「そう思いまーす」とマイクにボソッと言ってたのも大好きだった。

シナリオアートとはシナリオ10周年のツアー、5月仙台で、今度はアンテナがゲストとして出させてもらう。大阪のダブルアンコールでサニーデイをやって、打ち上げの乾杯前にくみさんが「一番サニーデイが聞きたかった」とニッコリして言ってくれたときに、2013年に対バンしたときに「サニーデイと3.2.1.で、を掛けてるの?あれめっちゃいいな」と話してくれてたことを思い出した。

打ち上げで千野さんは「とんとんとんの曲、あれが一番最高だよ」って言ってくれたので「寂しい人認定」をした。

伊丸さんはずっとふざけてた。

6年間、違う活動をしてアンテナが見てきてない景色をたくさん見てきた2バンドに少しでもアンテナが追いつけていれば嬉しいし、それをちゃんと伝えられた2日間だったと思う。

ツアー箇所全部、本当にいい内容で、ツアーファイナルのワンマンもソールドアウトで迎えられるのが嬉しい。

長くやってきた中で今ようやく、今までの自分たちを支えてくれてたファンの方含めてみんなと意識的にも音楽的にも、もっと遠くまで行けるような気がしてる。ぐらいあったかい。

ファイナルがすごく楽しみで、すごく寂しい。

けどまだまだ続いていく目標が沢山あるので、アンテナのライフソングに触れてくれたみんなが自分自身を誇れるような、そういう音楽を多分これから出来ると信じてる。


アンテナと共鳴出来るバンドさんと一緒にライブが出来て、そういうお客さんに受け取ってもらえて最高だ。アンテナはアンテナでしかなくて、自分たちの届け方を貫けることを嬉しく思う。


ツアーファイナル良い日にしようね。
本当に楽しいツアーだよ今。