THE 1975の新譜がちびるくらい良かった。なにがどういいか、とか評論家みたいなことは全くいらないし、とにかくよかった。

「心に響く」ってなった時の感覚はなにがどうとか理屈で説明できなくて、なんかいい。この「なんか」って俺はとっても重要だと感じていて、受け手の第六感が震えることってサウンドやフレーズやメロディや歌詞、歌声、全部が混ざって1になることで力になる奇跡的なもので、それが「なんかいい」になる。

一目惚れに近い感覚かもしれない。

その人の髪型、雰囲気、顔、最初は性格なんてわからないから外見の情報だけでその人のことを気になったりするけど。

ラブソングをとりあえずラブソングとして歌っている曲があんまり好きじゃなくて、難しいんだけど、本心でもなさそうな、「とりあえず生」みたいな感覚の「とりあえずラブソング」ってのが苦手で。

恋愛ソングに助けられたり、勇気付けられたりもちろんするわけで、でもほんとに恋愛をしている人たちにとっては「とりあえずラブソング」なんて感覚のラブソングに自分の未来を重ねたくない、と俺なら思ってしまう。
なんで「とりあえず」って感じるのか、こそ、「なんかそう感じる」の一言でしか言えなくて、別に俺が苦手だからって世の中の不正解じゃないし、俺1人が苦手でも残りのみんながその曲に勇気付けられたり、センチメンタルな気持ちになれるならそれがいい。曲を否定するつもりもないし、ただ俺は苦手なだけ。

じゃあ自分のラブソングみたいな曲は書きたくないことなのか、ってことなんだけど全然そうじゃなくて、ラブソングというフィルターを通して自分の物事に対する考えを乗せていて、ラブソングとしての表情の下に本質になるテーマを乗せているつもりで、「おはよう」も「ぼやけた朝陽」も「年中無休」も「嫌になっちゃった」も、俺個人的にはラブソングとしてのテーマとライフソングとしての書きたいことを合わせられたとっても気持ちのいい作品だった。
「とりあえず」って感覚のが好きじゃないだけで、芯があるものはラブソングだろうがなんだろうが好き。

チャラい人が言う「お前だけだ」ほど信用ならないものはないし、付き合ったことのない人が言う「異性なんてちょろい」ほど寒いものはない。

取り繕ったなにかに自分自身の気持ちを委ねるなんて俺にはあんまり分からない感覚で、かと言って「俺はモテないーーーー!!!!!」とか「頑張れーーーー!!!!!」と素直さの圧がすごすぎても「いや、はい、大丈夫です…」と避けたくなってしまうし、本当にめんどくさいやつだと思う俺。


社会人になって、新しいことを覚えなきゃいけない、一人暮らしを始めて慣れない土地で友達もまだそこまで多くなくて、例えばそんな人がいるとしてそのときに最初に聞こうとした音楽が「とりあえず」系の音楽なわけはなくて、「なんかこれが聴きたい」と手を伸ばしたのがその時の自分の気持ちにぴったりな素直な曲なのだと思っている。


リスナーだってバカじゃないし、嘘を嘘と気付ける。それぐらいは見抜けるようになるぐらい、毎日たくさんのことを感じながら生きてる。
それでも大好きな音楽に自分だけの自分自身の気持ちを委ねたいと思うときがある。


休んでいる間、バンドサウンドが聴きたくなくてバンドサウンドから離れていて、それから最初に聴いた曲がHelsinki Lambda Clubの「Joke Box」だった。なにが良いのかわかんないけど、とにかく良かった。光だった。

その後に聴いたのが、失礼ながら一度も聴いて来なかったSaucy Dogの「真昼の月」だった。

小説を読んだみたいな歌詞で、それからアルバムを買い漁って狂ったように聴いた。

俺は石原くんじゃないから、石原くんが思う気持ちなんか理解できないはずなのに石原くんの詞は聴き手の俺の中で俺が主人公で変換された(ように感じた)

音楽を作りたい、と思ったきっかけだった。
(でもこんなにすごい歌詞を書く人がいてはもう無理じゃないか、と少し凹んだ)


ただのリスナーとして曲に感動できたことが嬉しくて、それこそ俺の「なんか」に2バンドの歌が響いた時で、その時の心境、環境、色んなものが重なって一つの感動になるのはやっぱり奇跡的なものだと思う。

2バンドは俺の中で勝手な恩師なのでいつか直接感謝を伝えられたらと思うし、感謝を伝えられるような活動をまたこれから出来るようになれればいいなと思う。

「なんか、いい」このなんかを大事にできる心って簡単なようで複雑で、大人になればなるほど経験値が増えるほど薄れてしまうものだけど、なるべく純度高く感じていられたらと思う。


いい曲、たくさんあるなぁ、と感じた日だった。