2月末に赤い公園のつのまいささんと飲みに行った。アンテナが活休するタイミングでアンテナを知ってくれて、今回アルバム発売の時にまいささんのラジオに呼んでもらったりしたけど、個人的にはすごく思い入れのあるバンドだったのでこうして関わることが出来たのが嬉しかった。

「さよならの代わり」を発売してから、いくつかのレコード会社の人から声をかけてもらったとき、当時赤い公園の担当だった人も仙台に来てくれて、その時に「今僕がやってるバンドのCD聴いてね」と渡されたのが赤い公園の「ブレーメンと歩く」で、特に気に入っていたのが最後に収録されていた「ふやける」という曲で、「こんな曲を作りたい!!」と思って作ったのがアンテナがその後発売するバースデーというアルバムの「溶けたいよ」という曲だった。溶けたいよ、はアルバムの最後に順番にした。


確か2012年だったかな、ソンソン弁当箱という地元仙台のバンドのイベントで赤い公園が仙台マカナに来てきたのでそれも見に行っていたり、アンテナが「底なしの愛」というアルバムを出す時のアー写やアートワークも参考にしたりなどしていた。

きっかけが2012年で、ようやく(?)初めて音楽人として関われたのが2019年。7年。こういうのって俺の主観で言うとやっぱりすごく感慨深いし、言われた側はなんのこっちゃ、かもしれないけどすごいことだなぁ、と思う。


2017年に出たミュージックゴールドラッシュという番組でMCをしていたサバンナ高橋さんにお会いした時も一方的に14年かけて出会えた人で、その人がこの間のアンテナのワンマンにも収録の後に来てくれて、「アンコールしか見れなかったごめんー、次は最初から行くね」と終演後すぐに楽屋に来てくれたのがすごく嬉しい。

そういう、自分の気持ちにそのまま素直な人にここ数年で会えることがとても多くて、大事にしたいと思う。


一番最初のそういう人はBrian the Sun のりょーただった。りょーたに会えた時、ちょうどアンテナがというか、俺自身が第一次「この先どうしたらいいんだろう」という時期だったのもあったけど、「こんな人がいたんだ」と感銘を受けたし。

まいささんとの飲みの席もすごく楽しくて、こないだから日記にも書いていた仙台、名取のイーチタイムというカフェの店長、健太さんの話をした時も会ったことなどないのにホロホロ泣いていて、「仙台に行った時、そこに連れてってください」と言っていて、「って言ってましたよ!」って本人に伝えられないのがむず痒いけど、って言ってくれてたよ。

翌日は、俺が予備校でバイトしていたときに高校3年生だった子たちが大学を卒業するのでお祝いも兼ねて飲みに行った。
2015年か。だから、第一次「この先どうしたら〜」時期の時に出会ってた子たちで、特に懐いてくれていて、「今度の仙台のライブも行くよ」と言ってて、「言ってよ買わなくていいのに」と言うと「買いたいから買った」と言われた。俺の同級生もそうだったけど、いいやつ。

高校を卒業するお祝いに、だったかな(あんまり覚えてない…)と当時発売していた会場限定のCDをあげたら何度も聞いてくれてて、それから「さよならの代わり」のアルバムを買って「遠くへ 遠くへ」が好きだ。と言っていたり、とにかくたくさん聴いてくれていたから今回の仙台ライブも「仙台で見るから意味があるんだよ。色んなこと思い出せるから」と話された。

22歳、すごい。

22歳の時にも確かに「高校の時」の感じを懐かしんでいたけど、俺のそれに音楽はあまりなかった。それを音楽で感じることの出来るこの子たちに、少しでも自分たちの音楽がなっているのであったら尚更嬉しい。


そっか、だからこの子たちの今の年頃の時に俺はレコード会社の人に赤い公園の話をされて、CDをいただいたんだ。不思議だなぁ。


本当に、ゆっくりな上に紆余曲折しながら歩いてたなぁと思う。


でも、それでよかった。今だからこそ意味のあることがその都度あって、そういうことをより感じている。

バンドの歴史があればあるほど、お客さんそれぞれとの歴史も沢山あって、俺が直接聞けないだけで大学を卒業する子たちが「当時を思い出す」と思ってもらえる何かを沢山感じてもらえたのと同じようにお客さんもそうなんだと思う。


まだまだ出会えるものがあるのは、今まで出会ってきたものがあるからこそだから、多分これからも色んなことが繋がっていく。


色んなことを思い出せて、感じれて、とっても良い週末だった。







気付いたらもう2月終わり。
2月は大阪、岡山、仙台の3カ所でライブをしたのと、ツアーに向けた準備を始めたこと。まだ1か月先のことだけど、多分この1ヶ月もあっという間なんだと思う。

小学1年生か2年生ぐらいの子の群れが
「今日うんちを食べた!!」っていう会話をしていて「うんちを食べた!」だけでゲラゲラお腹がよじれるように笑っていて、小さい時って確かにそういう「うんち」とかなんか好きだったよなぁ。

その時々の年齢で会話の流行り?みたいなのが必ずあって、小学生になるとテレビゲームの話とかがメインであったり、中高生で会話の率が上がる「恋バナ」みたいなのはそんなに出てこないし、大学生になると「バイト」の話がメインになってきたり、だいたいその年代でよく話してる話題っていうのはいつの時代もそうだった。

社会人になると当たり前だけど仕事の話がメインになってそこに「恋バナ」が入ってくる頻度はたまにすることはあっても圧倒的に減ってきたし、仕事量であるとか、給料であるとか、上司であるとか、そんなことがメインになってくる。

30後半になってくると「健康」についての話がメインになってくると聞いたことがある。そりゃそうだよなぁとも思うし、その時々の自分の状況によって集める物も変わっていったし。


「変わりましたね」って言うのは本当はすごく自然なことであって「変わらない」という方がおかしい、というか「変わらずに変わっていく」というのが一番しっくりくるかもしれなくて、自分自身もそうやって変わらずに変わってきたはずなのに、知人とちょっと会わなかったりして久しぶりに会ったら「なんか変わったね」という印象を持ってしまったりもするし。

変化は怖い。
おんなじであることに変な安心を覚えてしまうけど、おんなじであり続けることが変な話で、しかも人間意外と強くて、変化を拒んでおきながらいざそこに放り出されたりすると少しずつその変化にまた慣れていく。


会話の内容が変わっていって、「うんち」でゲラゲラ笑えなくなったり、恋バナが主じゃなくなったり、知らない間に自分でも変化していってることもあるのと同じように、周りもどんどん変化していく。

仙台駅の周りも随分変わった。
でも「仙台駅」には変わりない。

西口と東口を繋ぐ通路にあったマツモトキヨシも、マクドナルドも、プリクラ機がずらっと並んで女子高生が群がっていたゲーセンも、Zepp仙台も、その隣にあったクレープ屋も、もうない。


130センチ用の服も入らない、学生の時のブレザーもジャージももうない。社会人になったときのスーツももう着てない。周りの友達は太ってきてからスーツのサイズがどんどん大きくなってった。でも、俺は俺だし、友達はいつでも友達。


また「うんち」でゲラゲラ笑えるようなその感覚、なんか持ってみたいなぁ、欲張りだよなぁ。


今日のちびちゃんたちは別に大人になってから「俺たち小1の時うんちで爆笑してたよな」なんて日常の一コマ過ぎて振り返らないんだろうけど。



だからコロコロコミックってすごいよね。大人が子供の感性を持ててるんだから。


仙台ワンマン、あと6枚(もっと減ったかな?)、東京もe+だけ。うーんドキドキ、ワクワク。新しい風景の意味のツアー、これもまた変化だよね。






今日もともと入れてた予定をなくした。
Twitterにも書いた、宮城県の名取市にあるカフェ イーチタイムにお邪魔して、先輩の中村マサトシさんのライブをなおポップさんの隣で、影に隠れながら見ていた。

俺が入店してすぐ、お客さんが鼻をすする音があちらこちらから聞こえていたし、俺の目の前にいたおじさんは何度も何度も声を殺してハンカチで顔を覆って肩を震わせいた。
店内は窓側にキャンドルが置かれていて幻想的だった。

日中、タワーレコード仙台PARCO店でインストアをして、ブースいっぱいに溢れるぐらいのお客さんがいて「おかえりー」と言ってくれてみんな笑顔でライブをたのしんでくれて、「初めて見る人いる?」と聞いたら手が沢山あがった。活動休止をしていて、表に出ることがなかったのになんで増えてんだ?と思ったらラジオがきっかけだった。そういえばモーンガータを発売したときにパワープレイになった福岡でもそうだった。

サイン会はやっぱりちょっとザワザワした。
けど、みんなニコニコしていて「応援しています」とか「ワンマン楽しみにしてます」とかアンテナを知ってくれたきっかけとか、思い思いのことを話してくれてちびちゃんたちからもラブレターをもらえたりして「こんなに愛してもらえてるなんてありがたい」と思っていた。

そして夜、イーチタイムに行った時の空間はどちらかと言ったらMCで笑顔になることもあったけどそれはアンテナを見ていたお客さんのような笑顔ではなくて(当然なんだけど)、涙が多かった。
なのに、それも愛だった。涙で溢れて想う愛もやっぱり愛には変わらなくて、故人を偲ぶ気持ちがいっぱいだった。

ママさんがカウンターの中で料理を沢山用意して、KUDANZのゲンさんとママさんの姪っ子ちゃん?たちがそれを手伝っていて、演奏本編が終わってからママさんに会いに行った。
ママさんはいつもみたいに笑って「ありがとう〜」と言った後に「ごめんね」と言っていて、その「ごめんね」がなんだかずっと離れなくて、「全然!」と返すのが精一杯だった。

本当はいっぱい話したかったけど、人も多かったしママさんに書いた手紙だけ渡してお店を出た。


なんでもかんでも、極論で言ってしまえば自分以外は他人で、「自分の人生なんだから自分の好きなように生きろ」と自分では思うのに、アンテナに会うために時間を割いて、笑顔になってくれる人がいたり、故人を偲んで涙する人がいたり、手伝ってくれる人がいたり、「他人」を想って喜べたり涙したり出来る心はやっぱりすごく綺麗だ。


どんなにラブラブなカップルだって身体は別だで、ありえないほど強く抱き締め合ったって相手の身体は吸収できないし、「ひとつ」なんかには心も身体もなれない。
だからその人や物に心を映す。

健太さんがいない店内に「いつもはここでこうしてる」イメージを浮かべたり、例えば恋人が脱いでいったパジャマとかに残像を探してぬくもりとか言ったり、匂いとして記憶したり、本当の意味で1つになんかなれやしないんだから何か手がかりを求める。

幸せも、悲しみも、他人であるはずの相手がいるからこそ生まれる心と気持ちで、どちらの感情もすごくピュアで綺麗で。

「イーチタイムはみんなで守っていきます」と中村さんが言っていた。俺も俺の中で出来ることでずっと、長くこのイーチタイムという場所を守っていけるようにする。
それとおんなじように、俺はアンテナという場所も守っていけるようにやっぱりしていく。それは実はこの1年間こそ、「ファンの方みんながアンテナという場所を守ってくれていた」ということだと思う。

バンドだけではなくて家族や友達とかもみんなそうで、見えない気持ちでいつも誰かを、場所を、それぞれが守ってる。




グッバイフジヤマが活動を終了するってツイートを見て、割と色んなことが重なってどん底レベルに落ち込んだけど、終了を選択したのもすごく勇気のいることで、守り合ってきたものへの感謝がないとむしろ出来ないことだから。(感謝どうこうの前に終了という選択を取る場面ももちろんあるけど)


アンテナがツアーを成功させたい、と願う気持ちもきっと「この場所を守る」と願うことと通じてるのかもしれない。成功させる、きっとすると思う、みんなでその成功を喜びたいから。


物理的に1つになることはできないけど、うちらはステージからフロアのみんなに気持ちを乗せて、みんなはフロアからステージのうちらに気持ちを乗せて、それで初めてまた新しい場所になる。そういうことをたくさん作っていけるように。だからもう「他人」なんかじゃないことばかりだ。









あーママさんに直接「俺も支えますからね」と言えなかった。会場のお客さんが泣いている人が多かったので俺は泣いてはいけない、と泣かなかった。
健太さんにも届くように、僕らがやることは音楽なのでツアー成功させますから、ってかっこよく言えなかった。

いつもそうなんだよなぁ。いつも少し、遅れちゃうんだよなぁ。




↑このページのトップへ