こんばんは!

SHOWです!

_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0999.JPG
写真は福島県下郷町。



今日はとても珍しく夜行の高速バスで東京へ向かうッ!

普段は車で移動がメインだから、電車やや新幹線、バス、飛行機類はほとんど乗らない。

でも今年1年は普段と違う動きを取り入れようという20歳代最後の行動指針があるので、ちょい面倒なんだけど、やってみた。

が、意外に面白い。

地方の田舎でバス停まで歩くその道中、iPhoneのライトで足元を照らさないと漆黒の闇に包まれており、なかなか新鮮。


そして、ガラガラカバンを引っ張っていると時折、この時期特有のカエルを踏み潰していたりする恐怖。
カバンのタイヤがやけにウェットな質感になってるじゃねえか?!

福島のこの時期この時間はとても冷んやりした空気で、歩いて温まった身体を適度にクールダウンしてくれる。

ちょっとした冒険心をかき立てられるワクワクするバス旅のはじまりだ。

先日もドライブの最中にふとボートに乗りたくなったので、30分チケットではなく、ガッツリと60分チケットを購入してみた。
もう超絶、気持ち良い天気だったんで、汗ダクになりながら、1人ボートを楽しんでみた。

中学生の時に、昭和記念公園のボートで練習して、彼女とデートする為のスキルを手に入れた。

チャリンコや近くのショッピングモールなどではなく、やはり中高生のデートと言えば公園だろう。

公園でデートと言えば、犬と散歩かボートに限る。

このボート、単純ながら様々なハプニングを意図的に発生させる事もでき、ドキドキワクワク感を共有できる。

しかも視界は開けているのに周りに声が聞こえない、2人だけの空間。
この健全、安全感と、密室感という相反する状況を融合させる事ができるのだよ。

そして降りた頃には何となく共同作業をした感じの雰囲気になっていて、1つの戦場を越えてきたパートナーのような2人になれるというアツい展開。

是非、みんなもやってみよう!