君は…刻の涙を見る‼️
by.Zガンダム次回予告より


2019.10.12の福島民友新聞の記事
新人・高橋氏が立候補を表明 福島県議選・郡山市選挙区
 県議選の郡山市選挙区(定数10)で、新人でIT会社経営者の高橋翔氏(31)が11日、立候補することを表明した。 高橋氏は福島民友新聞社の取材に「子育て世代が生活しやすい環境づくりを目指す。ベンチャー企業を支援するなど若者の人口流出を食い止めるための政策を行っていく」と語った。
www.minyu-net.com

そして、丸っと1年前には、

2018.10.11の福島民友新聞の記事
IT関連会社社長・高橋氏が立候補を正式表明 福島県知事選
 任期満了に伴う10月11日告示、同28日投開票の知事選で、葛尾村のIT関連会社社長高橋翔氏(30)が10日、県庁で記者会見し、立候補を正式に表明した。 高橋氏は東京都日野市出身。都立多摩工高卒。都内の民間会社勤務を経て震災後に都内でIT関連会社を創業し、県内に移住した。
www.minyu-net.com

謀ったな⁉️ショウッ‼️‼️

イエス。全てのピースは出揃った✌️
さぁ、行こうか😉笑
_var_mobile_Media_DCIM_110APPLE_IMG_0789.JPG

いやま、タイムリーにも今、川の氾濫を始め台風19号でズタズタにやられて、福島県内も大変な事になってますからね💦

さてさて統一地方選の今年、ガラッと入れ替わった福島県内の市町村長たちや市町村議員、県議員たちはどうかの状況を早期復旧に向かわせるのか。

令和という時代のインフラとITをはじめとするテクノロジーをフル活用せずに県民満足度を高めていけるのか。
試されてるよ、これは。
_var_mobile_Media_DCIM_110APPLE_IMG_0787.JPG

どんな能力のスペックホルダーが必要か、
これからの災害列島をどう考えるか、
有権者がよく考えて選択しないと行けないけど、
まだ人々の精神レベルが時代の流れに追いついてない。
と言ってられないのだけども。
もはや置いてかれてる感じ。世界は容赦ない。
遅いものを周回遅れにしていく✨

革新できる人が道を示し、
とりあえずリスク取ってでも前に進むか。
現実を見ないように目を背けて動かず、
ジワジワと損切りできずにジリ貧になるか。

とりあえず去年と同じ。今までと同じで。
というスタイルを辞めるクセをつけるとこから
でも始めないと。
『成長を怠れば衰退に転じるは世の習い。』
って一介の魔導師レザード・ヴァレスも主神オーディンに向かって言ってましたな。笑

このままだといずれ
『そんなものを地球に落としたら人が住めなくなる‼️』
みたいなコロニーやらアクシズやら落としちゃう、
スペースファンタジーチックになってきてますから。笑