こんばんは。

昨日は成人の日という事で全国各地で成人式があったみたいですね!


僕も9年前に成人しましたが、20年生きてきたという高揚感より、過去の同級の女の子たちがどれだけ可愛くパワーアップしたかを楽しみにしていたワクワク感がたっぷりだったのを思い出しますッ!


そんな事で当時は20歳を超えるとあっという間に時間が過ぎるという話を聞いていたので、本当か?と自ら実験してみようと色々やってきましたが、確かにあっという間に9年過ぎましたね!
その感でジョブ関連では転職5回に起業、プライベートでは結婚に子育てと、引越しを4回程。
給与未払いの会社とは訴訟をしてみたり、交通事故では弁護士と一緒に悪徳保険会社と闘ってみたり、雇用保険を貰いながら生活してみようと職業訓練校1年間通って300万円弱の雇用保険もらって一人暮らし始めてみたり、がっつりとリスクとって事業に攻め込むのに個人保証付きの借入してみたり、右腕社員や役員に裏切られて会社と飛ばしそうになったり、先物取引でしくじって、数百万円溶かしてみたり、駐車違反切符に納得行かずに4年間放置し続けたら逮捕されて手錠かけられて指紋取られてみたりと色々あるよね、人生って!


色々やるととても充実しますから、どんどんやった事ないコトにチャレンジしよう!!

体験した事は全て引き出しとなりコンテンツになる!

みんな知ったかぶりで、経験してないけど人から聞いた話とかだけで世の中を恐れている。

ムダだよね、せっかく生きてるのに。

年間3万人も自殺者がいるというのに、みんななぜ色々やる前に死んでしまうのか、死ぬ気があるならどんなリスクもとって最期のチャレンジしてみればいいのにと思うよなぁ、特に会社のストレスと学校でのイジメで死んでしまう人。

勿体なさ過ぎる、その年齢まで生きてきたのにこれからだろと!!

死ぬ前にやりたい事全部やってから悔いなく死んでいけ!とエールを贈りたい!!

という事で写真は新宿の高田馬場と、郡山市と葛尾村の写真。

_var_mobile_Media_DCIM_110APPLE_IMG_0430.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_110APPLE_IMG_0432.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_110APPLE_IMG_0434.JPG


都会の殺伐としたところで疲れたら、地方でゼロからやり直せばいい。

どんな命も一人の人間として生きてるだけで歓迎されるぞ。

ここには周りの目を気にする必要はない。

そんな感じ成人した若者たちよ楽しんで生きよ!


おはようございます!


_var_mobile_Media_DCIM_110APPLE_IMG_0414.JPG
本日も福島県はヒンヤリな空気ですが太陽はポカポカで、散歩やランニングに最適な気候ですッ!

という事で、移住ってどうなの?という声もチラホラあったり、何してるの?一般人でもやれるの?と、やりたいけどやれない人の不安を払拭するために書きましょうかね!


実際、古民家とか空き家って借りられるのか?

ちゃんと整備している自治体行政であればいくつかある。

群馬県の片品村やみなかみ町は関東圏ではかなり頑張って移住者誘致に成功してるし、移住者側も自分らしいライフスタイルを確立してストレスフリーに伸び伸びやってたりする。

その他の県の自治体もやり方がわからず、中途半端に手を出して、結果に繋がらないトコが多く、移住者からするとバックアップが全然なくて全部自力でやったという人が多い。

まぁ、どこに行っても仕事と住まいがなければ人間らしい暮らしは続けられないでしょ?というのが地方暮らし理想論者の言い分だけども、特に今の時点で資産等持っていないワーキングプアの若者にとっては楽園だと思うよ、地方。

仕事がないっていうよりあるけど、スキルダウンするから嫌だとか、ならば首都圏で当たり前のビジネスモデルをローカライズして小さく始めればゼロイチでやれる。
じゃあ、それまでの間の暮らしはどうするか?

どうせ、資産等を持っていないならゼロベースだから、失うものなし、怖いものなしでしょうと。

最低限の20万円ぐらいバイトで稼いだら全部引き払って地方に飛び込んで、やりたい事で稼げるか試す、それで資金が尽きたらナマポ申請。
もしくは最低限生きられるようバイトしてみる。

行かないと、やりはじめなきと、どうなるかわからない。
意外と、やること決めるとわからないことや自分だけで出来ないことばかりなので、地域に住んでる人たちに聞くことになるから、それでコミュニケーション取ってる間に結構面白くなる。

ど田舎に行くと最初は不審者扱いだけど1人、2人と縁ができてからは紹介してくれたりして輪が広がるし、若手が捨て身でやってきた覚悟は結構な度合いで面白がってくれて応援してくれる。


まぁ、合わない人は徹底的に合わないだろうけど、それは首都圏でも会社勤めでも同じ。けど、違うのは自殺するほどのストレスにはならない。
これ大事だよな。

限界集落では本当に若手を大事にする。マンパワーというだけでなく、その存在が高齢者から見て元気をもらえるようで、ある意味希望なんだね。

そこに若手ならではのネットを使って良いWebサービスを教えてあげたり、家事代行や何でも屋的な事を思いつき程度ではじめていくと意外と回り始める。


という事で、これは1つの事例で、地域と全く関わらず、引きこもってネットで首都圏の仕事をやって食うというスタイルもあるので、田舎ではコミュニケーションが面倒という移住希望者は徹底的にこもって、静かな環境で誰にも文句を言われず孤独を謳歌するというスタイルもある!

最近は地方の方が首都圏よりネット通信速度が速いって売り出してるトコもあるから、普通に快適よ。

注意しなければならないのは車社会だから免許だけは取ってからきた方がいい。
車は現地で使ってないのを譲ってもらう、貸してもらう、もしくはヤヤフオクで10万円ぐらいで調達して、地域のおじさんで車詳しい人とか引退した整備工がいるはずなんでメンテナンスしてもらうとか。

要は地方で若手が生きるなら、いかにワガママに甘え倒すかって事ですね!
世話焼きたい高齢者が多いので、毎晩メシ食いに来ても良い??って言えば、オッケーしてくれる人も多いかと。

高齢者に生きていよう、あの移住者の為にメシつくらなきゃ、朝も起きなきゃと思わせる事で、地域の人も蘇ってくる。

色々実験してみるのも面白いよ。
ワーキングプアは変に金や資産持ってないから、この手のチャレンジしやすいぜ!
ちょっと首都圏で踏み外して這い上がれない時は地方でフェニックスのように蘇える事をオススメしたい!

以上ッ!

先程も地震があって郡山も結構長く揺れたけども、いつもながら思うのはこの1年ぐらいあちらこちらで震度5だの6だのをよく聞くようになったんだが、マジで地震リスクってものを考えて生活の拠点やライフスタイルを考えないと、ちょっと地震直撃した瞬間に人生詰んだってなっちゃうよなぁ。



俺は完全に持ち家はキャッシュで一括で買う。住宅ローンとか今の時代、正気の沙汰ではないと考えているタイプなんで、投資用でもない限り、自分が住むだけの家に30年ものローンを組むとかバカバカしいと思う。

賃貸で充分。これからドンドン空き家も増えていく。地方だと移住者に対するリフォーム費用とかも補助があったりするし、古かろうとリフォームして水回りとか現代の最新設備にしてしまえばなんら劣る点はない。

田舎とか土地付き一戸建て中古住宅が500万円未満で買えるとこが山程あるからね、首都圏で働いても食うのに困ってるワーキングプアも、みんな地方でチョチョっと買った方がいいよ、クラウンやアルファード買うぐらいの値段だからね。


カネを持っていないなら持っていないなりに幸福度を高める方法は今の時代いくらでもあるはずだが、みな情報弱者なのか調べる気がないのか、なぜやらないのか。

是非ともお試しでも一度地方で暮らしてみるといいよね、意外としっくりくる人多いと思う。
合わなければ他の場所に行けばいい。賃貸であれば気軽よ。

まぁ、もっと国内の移住が手軽にできるようなサービスをつくらないといけないなぁ。
空き家データベースも各自治体つくってるけど、活用方法を見出せないトコばっかりだからな。

首都圏に大型の地震が来た時の為に、地方の空き家を買って押さえておくのもいいよね、被災したら引っ越せばいい。

車一台買ったと思って被災後の復帰がしやすくなるなら安いしね!


投資も何でもそうだが一極集中は結構リスキー。
生活の拠点が1つだけって、そこがダメになったらどうするの?と。

リスクヘッジの為に分散して張った方がいいでしょ。

ネット社会になって物流も進化した今なら首都圏に住む事のメリットなんてさほどない。
仕事にすぐにありつけるか、選べる選択肢が多いかどうかだけでしょ。

首都圏の仕事をネットをつかって地方でやることもできる時代。
時代はリモートワーク。テレワーク。通勤時間ゼロ。
首都圏にらしがみついて命削って生活してるのとどっちがスマートなのか。


いつ死ぬかわからない今の時代を生きるなら、新年早々にちょっと立ち止まって考えてみたらどうか。

↑このページのトップへ