タイトルは「かいじゅうたちのいるところ」という絵本のタイトルからインスピレーションを受けてつけました。


一度しかない人生という旅路の中で
最後の時がいつかやってきたときに笑っていたい。

謝って、間違えて、誰かにやっても無駄だと笑われても、自分は自分でしかないから
誰が何を言おうとやりたいことをやるんだという僕自身の決意表明の歌です。


えもーしょなるがすぎるので
あんまり書けないや
_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3914.JPG
撮影 服部剛也