大ちゃんのブログに初投稿!
どうも!かつくんです!


初めて作詞作曲しました!


と言っても自分が歌ったメロディーをコードに落としたりできないので、僕が鼻歌とドラムのリズムをスタジオで披露して…
「これにコード付けてください」って丸投げしました٩( 'ω' )و笑

メンバー大変だったと思います!

けど、3人がコードを付けることでかつくんの曲じゃなくてTBMGの楽曲にちゃんとなったかなと!

友だちと話したり、SNSを眺めてると、なんか恋とか好きになる事がめちゃくちゃ暗いことに感じて、もっと心を軽くして恋していってもいいんじゃないかなと思って!

ダメだったら友だちにいっぱい、愚痴ればいい!

何事にも理由がないと行動しちゃダメなのか?

ぼくはそう思わない!!
考え過ぎず、感覚に頼るのも大事なことじゃないかなと思います!!
_var_mobile_Media_DCIM_114APPLE_IMG_4521.JPG

夏といえば海とか花火とかかき氷とか…
ワクワクすることを思い浮かべると思うんだけど、
ときどきいつかの胸が苦しくなるようなホロ苦い夏の出来事を思い出してしまうものです。


☆☆☆

僕は夏フェスへ向かっていた。
付き合ったばかりの彼女を助手席に乗せて。 

「フェス会場に着くまでDJよろしく。」と言うと
「予習用に作ってきてくれていたプレイリスト作ってきたの。」と言い曲を流してくれた。
2人で大声で歌いながら、コールアンドレスポンスの真似とかしちゃって。
こんな何気ない時間が幸せだった。

会場では2人で1日中大好きな音楽に浸った。
そして最後のバンドが終わり、フィナーレの花火を見ながら
「また来年も来ようね」と話した。

その約束は果たせぬまま
この恋は夏の終わりと共に静かに消えていった。


もっと正直になれたらよかった。
もっと大切にできたらよかった。
後悔をしたって時間は戻らない。

夏っていうのは、そんな切ない思い出を蘇らせてしまうタイムマシーンのようだな。
_var_mobile_Media_DCIM_114APPLE_IMG_4084.JPG




アルバムの始まりを告げる初めて朝をテーマにした曲。

カントリー調のビートに乗せて、何気ない朝の幸せを切り取ったような曲です。


曲の冒頭部分いろんな音や声が聞こえてくるんだけど、
その中の調理してる音は、実際に僕の自宅のキッチンで調理した音をiPhoneで録音したものを使ってます。

実はこの曲は「OTONARI BENTO BOX」を作っている頃からあった結構古い曲。
このタイミングで収録できてよかった。


朝飯抜いてる人いるでしょ?
やっぱり朝食を食べないと元気出んからな。
ヒッチハイクも出来やしないぜ。


ボーイミーツみんなで作った朝食召し上がれ〜!
_var_mobile_Media_DCIM_114APPLE_IMG_4498.JPG
photo by 前ちゃん

↑このページのトップへ