久々にラインブログのアプリをダウンロードし直した。
すると4年前で止まっている自分で書いた文章が出てきて、少し読んで、なんだか恥ずかしくてすぐ閉じた。


今回はバンドのファンのみんなに伝えたい!って思うことがあったので、久しぶりにブログを書くことにしました。
そんな全然かしこまらず読み流してくれればいいんだけどお付き合いいただける方、よろしく!

   
 まず最初に、ここ数年のボーイミーツの活動について一度一緒に振り返ってもらいたい。↓
公式HPに追記をしながら


2018
08月 
自主制作 1st Full Album「HITCH HIKE」リリース
初の東名阪ワンマンツアー「THUMBS UP!」
下北沢SHELTER,大阪pangea,名古屋ell.FITSALLにて開催。"SOLDOUT"

09月
某フェスにて撮影を行ったMV「サマータイムマシーン」を公開 (撮影 : 加藤マニ)

11月
「JOKAFES」出演
「全国 保育園・幼稚園ライブツアー」開催

懐かしいなぁ〜、初のワンマンツアー忘れられん。
某フェスではフレンズの楽屋にお邪魔して、ゲリラ撮影したんだった。


2019 
 01月
東名阪ワンマン「アコースティックこたツアー」を開催し、各箇所 "SOLDOUT"

冬眠する
3月
Gt.中野 突発性難聴発症
07月 
Gt.中野 奇跡の完治!

冬眠中にそれぞれの生活を整え、次の作品への準備をしようと思ってました。なかなかそれができず。
しょっぴーがすぐに復活したのは本当によかった!

2020
01月 
完全復活ワンマンライブ「ただいま!」
名古屋Electric Lady Land にて開催。"SOLDOUT"

05月 
Bass. DOMESTICKS脱退
10月 
ホームレコーディング音源「ASOBO」配信

ほぼ一年ライブしなかった年。
ドメ氏脱退。いっぱい考えた。
この前久々にドメにあったけどめっちゃ元気そうで、前向きに頑張ってやってたよ!ゲーム配信とかしてるって言ってた。笑

2021  
01月 
新体制ワンマンライブ「WAIT FOR THE SUN」 
名古屋池下CLUB UPSETにて開催

他にも2本久々に対バンライブもして、ライブの楽しさを改めて思い出した年でした。

2022
01月 初登山に挑戦した「TREE CLIMBER」のミュージックビデオを公開

04月 JALの鹿児島・徳之島を舞台にした映像作品「私たちは、あと1年でこの島を出なきゃいけない」に楽曲「グッドラック」が起用される



で今に至ると、まぁこんな感じですかね?大体合ってる?笑




振り返ると、
2019年の「冬眠」からの3年間は、やりたいけど、できないのジレンマの中、正直満足いく活動は出来なかった。


「冬眠」は僕らで決めてた一つの区切り。
バンドを長く続けるための準備として、メンバーそれぞれが仕事やら、暮らしを見直そうという期間でした。


しかし20代後半からの就活に追い打ちをかけたコロナ。僕は運良く転職をできたけど、企業の募集が急激に減ったこともあり、就活の難易度爆上がり、悩まされるメンバーもいた。


僕も結婚をしたけど、結婚式が延期になったり、式自体出来ないかもしれないなど、コロナに翻弄され、僕もメンバーもバンドをする以前に生活が落ち着かない3年間だった。 


そんな中、一緒に切磋琢磨してきた友達のバンドがMステに出たり、有名になっていくのを見て、嬉しい反面、置いていかれたような悔しい気持ちにもなった。
 

しょうがないことだけど、活動や露出が減るのに比例して、SNSへの反応や再生数、コメントが減っていき、ちょっとへこんだ。
いいね!たくさんされて自己顕著欲満たされてぇ〜ってわけでは全然ないけど、
ボーイミーツはこのまま、「こんなバンドいたな〜懐かしいな〜」ってみんなの思い出になって、過去のものになってしまうのか🌃とダウナーモードになってしまう日もあった。


あとライブに関して
ライブは名古屋ばかりで、ツアーにもなかなか行けてない。ごめん!
本当はめちゃくちゃ行きたい!
自分たちは一番わかってる。
正直な理由として、メンバー同士の仕事の休みがなかなか合わない😭
致命的?いや!なんとか打開策考えます。


今、そんな中でアルバムを絶賛製作中。
本当はもっと早く出す予定が、楽曲の変更もあり、時間かかっちゃってるけど、ちゃんと進んでます。


あと、これはめちゃめちゃわがままなお願いななんだけど、
みなさんのバンドや曲に関するコメントひとつ、いいね!ひとつ、エゴサもしたりして、全部読んでます。

顔が見えない分、言葉にしてもらえるとすごくパワーをもらえるので、もし伝えたいことがあったら言葉で、恥ずかしかったらいいね!で
伝えてくれるとすごく嬉しい。パワー!!
 

 
カッコつける系のバンドでもないし、嘘偽りなく等身大のままやってる系のバンドなので、なるべく僕もバンドも思ったことは、ちゃんと言葉にしていきたいと思う!


それではまた時々更新します!

写真は沖縄に行った時のライオンズマンション。
入り口にいるのはライオンじゃなくてシーサーだった。
全然関係ねー!!!!
では!


かなり久々でござる。ニンニン!


最近は発表会があったり、引っ越ししようと思って家探したり、歌詞書いたり、曲を作ったり、なんだかいろいろ目まぐるしくって気づいたら冬になってました。


日曜から冷えるらしいから、風邪ひかんようにしないとな。
 

現在の待ち受け画像は
前にツアーで行った高知の鳴子たちです。 
(よさこい祭りで使われる振るとカチカチ鳴る楽器)

このたくさんの鳴子を触らせてもらったんだけど、どれも音が違う。
見た目の割に音がでかかったり、派手なのに意外と音が小さかったりして、
なんか人間みたいでかわいいなと思った。

人間が一番かわいい。 
_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6083.JPG

この度8/8(水)に1stフルアルバム「HITCH HIKE」をリリースしました。
早速買ってくださった方のつぶやきを見かける
度に「わ~ん!ありがとう~!みんな大好き~!」と思って感激している日々です。

そんなアルバムのタイトルを「HITCH HIKE」と名付けたのには様々な想いがあったので書かせてください。


去年のYAAAAAS!!のツアーが終わった頃、僕たちは自分たちのやりたい音楽を見失いかけていました。

一体何のために、誰のためにバンドしてるんだろうなど、なかなか答えの出ないようなシビアな話し合いをファミレスで何時間も話したりして…
あの頃は4人ともピリピリしていて、珍しく喧嘩もしていました。

悩みすぎて、頭がパンクしそうで、疲れ果てて、もうバンドをやめようと思ったこともありました。


そして何日も何日もみんなで考えた末、一度4人だけに戻って原点に立ち返ろうということになり、所属していたレーベルを離れて自主レーベルに戻ることにしました。
それが決まったのが2018年の始まりでした。



そんな想いで自ら選んだ決断でしたが、
今までレーベルの方からたくさん力を注いでもらっていた部分も大きかったため、4人だけに戻るということには大きな不安もありました。
守ってくれる後ろ盾もなくなって、時にはスタジオ代を払うのもキツイくらいお金もない時期もありました。

そんな僕らに残っていたのは、4人で作ってきた音楽と、ファンのみんなと作ってきたライブ、活動する中で出会った人との繋がりだけでした。
でもそれが僕らの一番大切にしていきたいことだと改め気づかされました。

だから、自分たちの音楽を鳴らしながら、今まで出会ってきた人たちの手だけは絶対に離さずに、また4人で再出発をするんだという想いが強くあって。
今の僕らには、この先どうなるかわからない漠然とした不安もあるけど、これからどんな出会いがあってワクワクするようなことが起こるんだろうという期待もあって、
それってまるでヒッチハイクの旅みたいだと思ってこのタイトルにしました。
とても気に入っています。


「HITCH HIKE」が
あなたの背中を押す勇気になればいいなと思っています。




↑このページのトップへ