166594733_1701956453348220_5009314572337591535_n.jpg

住民票や所得証明などを取得するのに、わざわざ役所の窓口まで来なくていい!


福岡市では行政手続きのオンライン化、ノンストップ行政の実現に向けて取り組みを進めていますが、4月から新しい電子申請システムがスタートします。


簡単に言うと、オンラインで申請すれば書類が自宅に郵送されるので、わざわざ役所に来て、順番を待つ必要がなくなります。


申請方法は民間から採用した福岡市の「DXデザイナー」のアドバイスも反映させて、簡単でわかりやすくなっています。


このオンライン申請を広げるキャンペーンとして、4月から1年間は新システムで申請いただいた方は、送料である普通郵送代を無料にしますので、ぜひ使ってみてください。


4月からは住民票の写しと高齢者乗車券の申請からスタートして、5月上旬には所得証明、納税証明などの税関係の証明書の申請もできるようになります。


また、このような福岡市の行政手続きのオンライン申請は、2023年3月末までに処理件数ベースで90%以上をオンライン化、75%以上をオンラインで完結できるスピード感で進めていきます。


この1年間、コロナで外出自粛などもありましたが、それでも役所の窓口だけは混雑をしていることも多くみられたのですが、こうしたオンライン申請の取り組みによって改善されることを期待しています。


またマイナンバーカードをスマホで読み取ることも出来るので、住所などの項目を入力しなくても手続きを進められますし、本人確認や料金のオンラインカード払いまで完結します。よければ動画をご覧ください。


ちなみに高齢者乗車券についてはマイナンバーカードが無くても申請できます。


当然、最も大切なセキュリティもしっかり対応もしていますが、不安な方やスマホが使えない方のために、区役所に並んで窓口に来て申請する方法も残ります。





福岡市長 高島宗一郎