今回の千葉での台風被害。本当に多くの皆さんが1日でも早い復旧に向けて汗を流されている姿には感謝しかありません。

そうした中で、熊本地震や九州北部豪雨の時にも大きな力になってくれた「九州魂」の 吉田 信一さんたちが千葉台風被害の救援物資マッチングサイトを作って、実際に物資の足りない人と支援したい人を繋ぐ活動をしていただいています。今日も物資を持って千葉に行かれています。本当に頭が下がります。

ぜひ福岡から支援をしたいという方はこちらのサイトからお力添えをお願いします。また、千葉で被害に遭われている方にもこのサイト情報をシェアしていただけると幸いです。


毎年のように全国で大雨や台風で災害が発生しています。熊本地震の経験を次に活かすため、九州では九州市長会で防災部会を立ち上げて、福岡市を中心に災害発生直後から独自でリエゾン(現地調査部隊)を派遣して、状況に応じて消防や土木職、保健師など現場の実行部隊を持つ九州の各市が一体となって即日対応できる体制を整えました。命を繋ぐ初動の数日が大切だからです。その間、九州地方知事会にも情報を共有して、およそ一週間程度で知事会を中心とした息の長い支援のフェーズに入っていくという協定を九州の知事会に提案し、会長の大分県の広瀬知事とサインして、九州エリア一体となった災害対応が出来るようにアップデートしてきています。災害の際は自治体自身も被災しているので、こうしたエリアとしての対応が鍵になります。

ちなみに千葉市については、若い熊谷市長がSNSも使いこなし、市民に必要な情報発信を続けておられますので、千葉市の方は 熊谷 俊人市長の発信を参考にされるといいと思います。

福岡市長高島宗一郎