この電動キックボード。すでに諸外国では街中で展開されています。しかし日本では原付自転車と分類されて、公道を走る場合はナンバーを取得したりウインカーを付けたり、ヘルメットが無いと乗れません。電動アシスト自転車と何が違うのか。普通の自転車の方がよほどスピードも出るのに。

そこでスタートアップ特区の福岡市では、今日内閣府で行われた国家戦略特区の会議でこのキックボードを安全を確認しながら、普通の自転車と同様の扱いが出来るように規制緩和を提案しました。

法や規制が想定していなかったような新しい技術やビジネスモデルが世界中でどんどん生まれています。市民生活が便利になるものはどんどん社会実装できるように、スタートアップ特区の福岡市からチャレンジしていきます!

人の移動をもっと自由に!

人の移動にイノベーションを!

福岡市長高島宗一郎