北朝鮮情勢が緊迫する中、不安を感じている市民の方も多いと思います。
福岡市全域で緊急速報メールを訓練で配信します。マナーモードにしていても音は鳴ります。
12月1日の午前10時と10時5分です。仕事や観光で福岡市に滞在している方にも届きます。
地下鉄もこの緊急情報を受信すれば一時運転停止をします。
SIMフリーの携帯の方は受信できない場合があるので、例えば「Yahoo!防災速報」のような防災アプリを事前にダウンロードお願いします。
実際に有事にメールが来るのか、この訓練でそれぞれで確認をしてください。
またこの機会に、企業や団体の皆さんも情報伝達や緊急対応マニュアルが機能するかの検証をお願いします。

テレビなどでJアラートの「ウ〜」という違和感のある音を聞いたと思いますが、あの音は福岡市民が聞くことはほぼありません。
Jアラート自体は防災行政無線の音なので、一部の市の関連施設の中以外は聞くことはないんです。
福岡市民が聞くのはそのJアラートを受けて携帯電話に配信される緊急速報メールのチャイムのような音だけです。
携帯電話からJアラートの音は鳴りません。
どうしても訓練時間に音を出したくない場合は訓練中の5分間電源を切っておいてください。

また消防庁や内閣府に対して、九州市長会として、核や生物、化学兵器などへの対応も含めた緊急事態に対応するためにも、県や市、政令市などの地方自治体の有事の際の役割分担の明確化や専門人材、予算確保などの要望を行いました。

もちろん、そもそも何事も無いことが一番なのですが()



福岡市長高島宗一郎