月別アーカイブ / 2021年03月

166594733_1701956453348220_5009314572337591535_n.jpg

住民票や所得証明などを取得するのに、わざわざ役所の窓口まで来なくていい!


福岡市では行政手続きのオンライン化、ノンストップ行政の実現に向けて取り組みを進めていますが、4月から新しい電子申請システムがスタートします。


簡単に言うと、オンラインで申請すれば書類が自宅に郵送されるので、わざわざ役所に来て、順番を待つ必要がなくなります。


申請方法は民間から採用した福岡市の「DXデザイナー」のアドバイスも反映させて、簡単でわかりやすくなっています。


このオンライン申請を広げるキャンペーンとして、4月から1年間は新システムで申請いただいた方は、送料である普通郵送代を無料にしますので、ぜひ使ってみてください。


4月からは住民票の写しと高齢者乗車券の申請からスタートして、5月上旬には所得証明、納税証明などの税関係の証明書の申請もできるようになります。


また、このような福岡市の行政手続きのオンライン申請は、2023年3月末までに処理件数ベースで90%以上をオンライン化、75%以上をオンラインで完結できるスピード感で進めていきます。


この1年間、コロナで外出自粛などもありましたが、それでも役所の窓口だけは混雑をしていることも多くみられたのですが、こうしたオンライン申請の取り組みによって改善されることを期待しています。


またマイナンバーカードをスマホで読み取ることも出来るので、住所などの項目を入力しなくても手続きを進められますし、本人確認や料金のオンラインカード払いまで完結します。よければ動画をご覧ください。


ちなみに高齢者乗車券についてはマイナンバーカードが無くても申請できます。


当然、最も大切なセキュリティもしっかり対応もしていますが、不安な方やスマホが使えない方のために、区役所に並んで窓口に来て申請する方法も残ります。





福岡市長 高島宗一郎

天神ビッグバンの航空法高さ規制緩和第一号
「天神ビジネスセンター」の中を見せていただきました。
これまで見たことがない高さからの景色!

でも本当にすごいのは徹底的に超最先端な感染症対応なビル機能。
ビルの入り口からエレベーターまで全てが非接触。トイレも入り口から出るまで完全非接触。高層階でも外気の空気循環とウイルス除去機能。
このような感染症対応ビルに福岡の中心部が一気に生まれ変わる!
世界最速で感染症対応シティへ!

#天神ビッグバン #Fの未来

福岡市長 高島宗一郎
FB_IMG_1616420271299.jpg
FB_IMG_1616420267479.jpg

福岡市では市民の皆さんが行政サービスをより便利に利用できるよう多くの分野でLINEを活用しています。
お住まいの地域に合わせたゴミの収集日をプッシュ通知でお知らせしたり、粗大ごみ収集の予約から支払いまでLINEで完了させることもできます。また、道路に凸凹があれば、LINEで写真を送っていただければすぐに区役所から補修にいきます。それくらい社会インフラとして浸透していますから、今まさに報道されている個人情報について心配されている方も多いと思います。

ここ数日で情報を収集した結果、福岡市がLINEを活用して市民に提供しているサービスについては、報道された「中国の関連会社に情報を閲覧できる権限があった」ものには含まれず、市民の皆さんが入力する個人情報やトークの内容などは、中国からアクセスできる状況にはなかったことをLINE株式会社と、LINE Fukuoka株式会社から確認しました。

特に個人情報の取り扱いについてはとてもデリケートなものですから、今後ともLINE株式会社及びLINE Fukuoka株式会社、そしてその他個人情報を取り扱う受託事業者等において、適正な個人情報等の取扱いがなされるように努めます。

一方、福岡市としてはICTを活用して市民の利便性を向上するために、引き続きスマート行政、ノンストップ行政を推進していきます。区役所の窓口に足を運んで、紙に記入して、並んで待ってもらうような非効率は変えるべきと思っています。同時に、ICTを活用する上での情報管理やセキュリティを担保することは最も重要になります。安心して利用していただけるように、福岡市としてもICTを使った様々な行政サービスのパートナーとなる企業へは改めて情報管理の徹底を求めていきます。

今回の LINEの件については、別途、国としても様々な調査や検討がなされていますので、そちらの動向も注視し、市民の皆さんに安心して利用していただけるように取り組んでいきます。

福岡市長 高島宗一郎

↑このページのトップへ