月別アーカイブ / 2019年12月

【スタバの店員さんGJ!】福岡市動物園に4頭のゾウさんを迎えることが出来るようになり、ついに昨日ミャンマーの担当省の方を福岡市にお迎えして調印式を行いました。

調印式が始まるまで、ミャンマーからいらっしゃった方々を福岡市の職員が市内見学に案内したそうです。


ヤフオクドームを見学した後、ショッピングモールのスターバックスに入ってコーヒーをオーダーした時に「ミャンマーから来た」と告げたそうです。すると店員さんが「もしかしてゾウの関係で来たのですか?ありがとうございます!!」と言って、写真のようなメッセージを添えてコーヒーを出してくれたそうです。ミャンマー語での「ありがとう」は、きっとすぐネットで調べて、真似して描いてくれたんでしょうね。


もちろんいらっしゃったミャンマー関係者は、福岡市民がこんなに知って喜んでくれてることと、そのホスピタリティーに感激して、その時の写真を嬉しそうに私に見せてくれました。彼らは完全に福岡ファンになってくれてました!


こういう市民の皆さん一人ひとりのあたたかい気持ちが、国内外から来た方々をどれだけ幸せな気持ちにしてくれているか。福岡ファンを増やしてくれているか。本当に嬉しくなりました。ヤフオクドームの前のショッピングモールということは、マークイズ福岡ももちのスタバかな。どなたかは分かりませんが、ありがとうございます😊素敵です!


福岡市長高島宗一郎


79000379_1283657115178158_737637667897868288_n.jpg


待ちに待ったゾウさんがミャンマーから4頭!

福岡市動物園に来てくれることになりました!


先週、姉妹都市であるミャンマー・ヤンゴンに出張して最終確認ができました。来週の水曜日に、ミャンマーの自然資源・環境保全省から福岡市に来ていただいてMOUを締結します。


来年からゾウ舎や運動場などを大幅に広くダイナミックにリニューアルして、令和4年の春ごろには受け入れられる見込みです。
すでに福岡市では4頭を前提に内部検討を綿密に進めてきましたので、来週のMOU締結の際には動物園のリニューアル後のイメージをお伝え出来ると思います。

今回はミャンマーとゾウの種の保存や繁殖を目的とした共同研究ですから、福岡市からは動物の医療器具などをミャンマーに提供します。
これまで「相当な」紆余曲折がありましたが、ようやく!!

最終的には姉妹都市ヤンゴンとの信頼関係が大きく後押ししてくれました。


福岡市長高島宗一郎


78935149_1282449705298899_1144696616465203200_n.jpg
79116026_1282449721965564_1164031296511410176_n.jpg

中村哲さんの告別式が福岡市内で行われました。

 

福岡で生まれ、市内で中学から大学まで学ばれたのち、長年にわたってパキスタンやアフガニスタンで医療や開拓、民生支援の活動をされ、国際協力を実践してこられました。
 

その功績に対し、福岡アジア文化賞の大賞を贈らせていただいたばかりでした。
 

この度、福岡アジア美術館で、中村哲さんが遺した数々の功績を偲び、海外での活動のパネルや映像での紹介や、著書などの展示を行います。12月12日から23日までです。

 

福岡市長高島宗一郎


↑このページのトップへ